top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

綾羽vs立命館守山

高校野球ドットコム

綾羽が初めて滋賀の頂点に立つ!

優勝を喜ぶ綾羽の選手たち

 綾羽が立命館守山との接戦を制して、初優勝を飾った。

 綾羽の先発は前日からの連投となった矢野 航成(3年)だが、1回表は三振を2つ奪って三者凡退と疲れを感じさせない立ち上がりを見せる。するとその裏、一死二、三塁のチャンスを作り、4番・高山 心(3年)の中前適時打で1点を先制。序盤は綾羽が試合の流れを掴んだ。

 綾羽は2回以降もチャンスを作るが、立命館守山の先発・信次 陽和(3年)が併殺を2つ奪うなど、粘り強い投球を見せ、追加点を与えない。5回を終え、1対0と決勝に相応しい好ゲームが展開された。

 グラウンド整備明けの6回表、立命館守山は先頭の8番・吉田天龍(3年)がライトへの二塁打で出塁すると、続く信次が犠打を決め、一死三塁とチャンスを広げる。ここで1番・寺阪 茉南(3年)が左前適時打を放ち、吉田が生還。立命館守山が鮮やかな同点劇を見せた。

 このまま流れを引き寄せたい立命館守山だったが、その裏に四球と暴投で一死二塁のピンチを招くと、信次に代えてエースの北村 怜士(3年)をマウンドに送る。1点もやりたくない場面で北村は連続でセンターフライに打ち取り、このピンチを凌いだ。

広告の後にも続きます

 ピンチを脱した立命館守山は7回表、疲れの見えた矢野を攻め、一死二、三塁と勝ち越しのチャンスを作る。ここで綾羽は矢野に代えて渡部 来輝(2年)を投入。7番・白樫 健太郎(2年)は前進守備のセカンドゴロに倒れ、走者はくぎ付け。渡部は続く吉田もショートゴロに打ち取り、勝ち越しを許さなかった。

 試合が大きく動いたのは8回裏、先頭の1番・中島 陸尊(3年)は平凡なショートゴロに打ち取られるが、ここまで好守を連発していた宮本 凱(3年)がまさかの後逸。勝ち越しの走者が出ると、強打の2番・上村 匠(3年)に代えて代打で起用された田中 竣大(3年)が1球で犠打を決め、一死二塁とする。

 一打勝ち越しの場面を作ると、3番・金城 颯把(3年)がセンターの頭上を越える適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功。その後、相手の失策で追加点を挙げ、2点のリードを奪った。

 9回表は8回から登板した野村 亮輔(2年)が味方のファインプレーもあり、三者凡退に打ち取り、試合終了。綾羽が春夏秋を通じて初めて滋賀の頂点に立った。

 2005年秋に綾羽の主将として、近畿大会出場経験を持つ千代 純平監督が2017年3月に就任してから安定してベスト4に顔を出していたが、頂点にはなかなか手が届かなかった。後一歩で悔しい思いをし続けていた選手たちが殻を一つ破ったことは、夏に向けて大きな弾みとなるだろう。悲願の甲子園初出場もいよいよ現実味を帯びてきた。

 立命館守山は大会を通じて手堅い試合運びを見せていたが、最後はミスに泣いた。改めて一球の怖さを学んだはず。この経験を良い教訓としたい。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル