top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【レポート】扇ひろ子の活動55周年コンサートに園まり・佐々木新一ら豪華ゲスト集結「心から感謝を申し上げたい」

全日本歌謡情報センター


4月26日、都内ホテルにて、歌手の扇ひろ子が活動55周年を締めくくるコンサートを開催した。

1964年にデビューし、「哀愁海峡」(1965年)や「新宿ブルース」(1967年)などのヒットに、映画女優としての活躍と、輝かしい実績を持つ扇ひろ子。2000年代に入ってからもコンスタントに新曲を発表し、精力的に活動を続けている。豪華ゲストも駆けつける55周年記念コンサートは、本来は昨年予定されていたもののコロナ禍により延期されこの日の開催となった。会場では検温にアルコール消毒、テーブルの上には席ごとにアクリルパネルが設置され、公演は夜8時までといった徹底的な対策が取られた。

オープニングでは、扇の子供の頃から現在までの軌跡をまとめた映像がスクリーンに映し出され、ファンを喜ばせた。8人編成のバンドによる、ミュージカル『マイ・フェア・レディ』の劇中歌「踊り明かそう」のインストゥルメンタルが始まり、会場の後方から扇が登場すると大きな拍子が起こった。笑顔で客席を練り歩き、ステージに上がると「皆様こんばんは。扇ひろ子でございます」と挨拶。「本日は緊急事態宣言の中、本当に命がけで、親戚でも身内でもないのに、こんなにお越しいただきましたことに、心から、感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございます。今日は日頃の色々なことを忘れて、笑顔で過ごしていただければと思います」という扇に、再び大きく温かい拍手が贈られた。


広告の後にも続きます



1曲目は、扇の「レッツゴー!」というかけ声から、1936年に藤山一郎が歌った、古賀メロディの代表曲「東京ラプソディ」で軽快にスタート。コロナ感染対策のため、客席では歌うことができないが、ペンライトを振って楽しむファンの姿も多く見られた。続いて、扇の2000年代のオリジナル曲のメドレー。「♪季節はもう 春なのに 私の心は 冬のまま」と、今の季節に似合う「涙色のタンゴ」、むせび泣くようなサックスのイントロにも引き込まれる「酔いどれほたる」、45周年記念シングルのカップリング曲「越前海岸」と、名曲の連続に、客席も熱くなる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル