top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「外交官特権」で駐車違反”踏み倒し”は年間4000万円!一番タチの悪い国は?

アサ芸Biz

 かねてから問題になっていた、外交官ナンバー車による駐車違反や違反金踏み倒し行為に対し、政府がようやく重い腰を上げることになった。

 外務省は先月27日、駐日外交団車両のガソリン税免税措置の証明書を発給する際、駐車違反金の納付を確認。駐車違反金が未納の場合、免税措置を講じないことを発表した。全国紙政治部記者が語る。

外交官外交使節団には不可侵権治外法権が認められているため、日本の刑事裁判権や租税が免除されています。ところが、そんな特権を利用して、以前から青地のナンバープレートがついた駐日外交団車両(外交官ナンバー車)の駐車違反や、その違反金の踏み倒しが相次いでいました。通常、日本では違反金未納を続ければ、財産差し押さえなどの強制執行の対象になりますが、外交特権がある彼らには、その対象に当てはまらない。つまり、日本の法律では一切手が出せなかったわけですね。そこで、外務省では苦肉の策として、半年間で4回以上駐車違反した悪質車両について、違反金の全額納付が確認できない限り、給油の際免除されるガソリン税の証明書を発給しない、という対応を取ることになったんです」

 警察庁の集計によると、在日大使館や領事館用の「青ナンバー」車両の駐車違反は、18年で3948件、19年が2615件、2020年は1137件と、数だけ見れば減少しているものの、

広告の後にも続きます

「警察庁の国会答弁によれば、違反金が未納のまま、時効の5年をすぎたケースは、18年度が3118件で4677万円、19年度も2736件で4104万円(同)に上ったといいますからね。とはいえ、件数もさることながら、この金額には驚くばかりです」(同記者)

 そして、今年3月の参院予算委員会で明らかになったのが、ワースト1位がロシア、2位が中国という「違反国」だった。

「しかも、この2国は3位以下を大きく引き離していることもあって、同委員会で質問にたった自民党の三宅伸吾氏は、さぬきうどんで知られるの香川県出身なんですが、『店によっては100円でうどんを食べられる。1日3回、365日食べると年間11万円ほど。4千万円強あれば、40年近く毎日うどんを食べられる』と訴えると、議場から拍手が起こったといいますからね。本当に、空いた口が塞がりませんよ」(同記者)

 一連の報道を受け、SNS上では、

《そもそも外交官ナンバーなんて止めるべき。なんで連中ばかりに特権満載なのか意味不明》《外交特権と国内法の執行は本来別枠だろ。現行犯は容赦無く取り締まって、違法駐車は即レッカー移動するべき!》といった批判的な意見に交じって、《でも、日本側がこういう措置を取っても、“反省”とか“改善”せずに、何らかの形で“報復”する方向で考えるんだろなぁ、こういう国はどうせ……》といった笑うに笑えないコメントも……。

 世界でも、マナー違反が恥ずべき行為であることは言うまでもない。今回の措置で「旅の恥はかき捨て」という彼らに「郷に入っては郷に従え」という言葉が届くことを祈るしかない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル