top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

<Wコラム>注目の韓国俳優紹介「キム・ソンホ」プロフィール編~過去のトラウマとは?

ワウコリア


名前:キム・ソンホ(キム・ソノ)

生年月日:1986年5月8日

血液型:A型

代表作: 「キム課長とソ理事」、「最強配達人」、「トゥー・カップス」、「狂いそう、君のせいで」、「100日の郎君様」、「スタートアップ:夢の扉」

ドラマ「スタートアップ:夢の扉」での不器用で健気な役柄により、韓国でも日本でも注目されはじめた。日本では2021年日本公式のファンクラブが開設されたほどである。これからの活躍が楽しみな俳優である。キム・ソノと呼ばれることもある。

広告の後にも続きます

●キム・ソンホはなぜ俳優に?

俳優になることがもともとの夢ではなかったようだ。トラウマをなくしてくれたのが演技だったそうだ。キム・ソンホが小学校2年生の時、母親と暮らす家に、強盗が入り、母親を切りつける場面を目撃してしまったそうだ。そこから、怖がりな性格となってしまい、背後に人が立っていることや、友人と本を読んでいるときも怖かったと話している。

高校に入り、演劇学院に友人の付き添いで訪れた際、やってみないかと誘われ、演技をしてみたところ、没頭してしまったそうだ。演技をしている間はトラウマを忘れられたようだ。大学も演劇科に進んだ。

●キム・ソンホが人気が出るまで時間がかかった理由とは?

「スタートアップ:夢の扉」を見ると、演技もうまく、かっこいい、なぜ今まで人気にならなかったのか。それには先輩の声があったようだ。

俳優イ・ドンフィが「オーディションを受けるため、1年で100枚くらいの履歴書を出したが、面接できたのは1回だった」と話したことを聞き、ドラマ出演に興味がなくなったそうだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル