top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

畝傍vs御所実

高校野球ドットコム

畝傍が2季連続の4強入りを決める

決勝打を含む3安打2打点の活躍を見せた若松 慎太郎(畝傍)

 畝傍が御所実を下し、4強入り。夏のシード権を獲得した。

 畝傍は2回裏、5番・平井 慧人(2年)の二塁打とパスボールで一死三塁とすると、7番・藤井 翔太郎(3年)のスクイズで先制。序盤から得意の手堅い攻撃を発揮した。

 対する御所実は3回表、無死一、二塁のチャンスを作ると、相手の暴投で二塁走者の佐々岡 陽(2年)が一気に本塁を陥れ、同点に追いつく。さらにその後、無死一、三塁となり、3番・中島 遥大(3年)の併殺の間に三塁走者の小西 海童(3年)が生還し、勝ち越しに成功した。

 逆転を許した畝傍だが、その裏に一死二、三塁とすると、平井が右中間を破る2点適時三塁打で逆転に成功。続く6番・宮本 優真(3年)も中前適時打を放ち、リードを2点に広げた。

 畝傍は4回途中から若松 慎太郎(3年)からエースの太田 佑音(3年)に継投し、逃げ切りを図る。しかし、6回表に失策で1点差にされると、二死三塁から8番・橋本 凜太郎(3年)に左前適時打を浴び、同点に追いつかれてしまった。

広告の後にも続きます

 ミスが絡んで追いつかれた畝傍だが、「競った試合になるのはわかっていたので、落ち着きはあったと思います」と主将の若松が話すようにチームに動揺はなかった。追いつかれた直後の6回裏に二死二、三塁のチャンスを作ると、3番・若松の左前2点適時打で勝ち越しに成功。そこから打線が繋がって6点を奪い、試合を決定づけた。

 そのまま逃げ切った畝傍が秋に続く4強入りを決めた。「秋に3位という結果を獲って、それなりの自信と次は負けられないという気持ちでシード権を獲ることができたので、そこは自信を持って良いのかなと思います」と話した若松。秋の結果がチームに良い流れをもたらし、春も結果を残すことができた。

 準決勝では秋に敗れた天理と対戦する。「自分たちの野球をすることができれば、それなりの試合を作れて、夏に向けての良い流れを作ることができると思うので、気負うことなく自分たちの野球がやれたらと思います」と若松は意気込む。秋からの成長を見せるには絶好の相手だ。近畿大会出場を阻まれた相手にリベンジすることはできるだろうか。

(記事=馬場 遼)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル