広島・上本崇司内野手「海水浴で流されて死にそうになりました」/夏休みの記憶

広島・上本崇司内野手「海水浴で流されて死にそうになりました」/夏休みの記憶
広島・上本崇司内野手上本崇司 忘れられません。海で死にそうになりました。小学4年か5年だったと思いま

広島・上本崇司内野手



上本崇司

 忘れられません。海で死にそうになりました。小学4年か5年だったと思います。ソフトボールのチームメートと一緒に広島・尾道に海水浴に行きました。

 沖に、小さな島というか岩場があったんです。クロールでそこを目指しました。気づいたら、違う場所に流されていたんです。そこは、車が通るような大きな橋の下。そういう場所って、渦が巻くように潮の流れが強いんですよ。完全にのみ込まれました。必死に抜け出そうとしたけど、子どもだしパニックになってしまって。何とか一緒に来ていたチームメートのお父さんたちが救助してくれて、岸に戻ることができました。本当に怖かった。

 それでも海は嫌いじゃありませんよ。

写真=BBM
更新日:2018年7月21日
提供元:週刊ベースボールONLINE

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME