top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

巨人捕手争い、「OB絶賛」の炭谷急浮上 大城はうかうかできず?小林は…

J-CASTニュース

プロ野球巨人の炭谷銀仁朗捕手(33)が存在感を見せている。

炭谷は2021年5月4日、5日の広島戦でスタメンマスクをかぶり、巧みなリードで先発の好投を引き出した。4日は先発・高橋優貴(24)をリードし広島打線を1点に抑えた。5日は立ち上がりに苦しんだ先発サンチェス(31)を支えチームを勝利に導いた。

堀内氏「これが、キャッチャーの力量ですよ」

炭谷はスタメン出場した2試合で広島に与えた得点はわずか1点と、好リードが光った。とくに5日の試合ではサンチェスが立ち上がりは制球に苦しみ、初回から巨人ベンチが動き出すなど波乱の幕開けを予感させた。このような状況で炭谷はベテランらしく落ち着いたリードでサンチェスを導き初回を乗り切ると、以降も広島に得点を許さなかった。

この炭谷のリードに関して、巨人の元監督である堀内恒夫氏(73)が自身のブログで絶賛した。

堀内氏は試合翌日の5月6日にブログを更新し、「昨日は炭谷のリードが上手かった。まっすぐをストライクゾーンで勝負したがるサンチェスに対してボールを動かしてきた」と分析し、「昨日のように調子が悪いピッチャーをいかに抑えられるようにもっていけるのか。これが、キャッチャーの力量ですよ」と絶賛した。

大城は「打てる捕手」としてアピール続ける

広告の後にも続きます

今季、炭谷はここまで18試合に出場し、そのうち6試合で先発マスクをかぶっている。主に大城卓三(28)がスタメン出場し、炭谷は試合終盤に出場する機会が多かったが、ここにきて存在感を増している。打率は1割台と低迷するも、堀内氏が絶賛するようにリード面ではベテランらしさを大いに発揮している。

炭谷と正捕手の座を争う大城は、持ち前の打撃が上向いてきている。ここまで33試合に出場し打率.275、4本塁打をマーク。14打点は岡本和真(24)、梶谷隆幸(32)に次ぐチーム3位につけている。リード面で課題はあるものの、「打てる捕手」として首脳陣の期待に応えつつあり、巨人の正捕手に最も近い存在でもある。

開幕から34試合を消化し、炭谷、大城それぞれ存在感をアピールしている一方で、かつての正捕手・小林誠司(31)は現在2軍で調整中だ。打撃に課題は残るものの、リード、強肩は依然として高く評価されており、早期の1軍昇格を願うG党も多い。炭谷、大城に水をあけられたまま2軍でくすぶり続けるのか。小林の巻き返しに注目される。

TOPICS

ジャンル