top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「PRODUCE 101 JAPAN2」古瀬直輝、新型コロナ陽性で無念の辞退 「せめて次の投票まで…」ファン悲痛

J-CASTニュース

サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」が2021年5月6日にGYAO!で配信され、エントリーしていた古瀬直輝さんが新型コロナウイルス感染の影響により今後の番組参加を辞退することが明かされた。

「またいつか、必ず僕を見つけてください」

古瀬さんは第1弾となる「PRODUCE 101 JAPAN」にも応募していたもののデビューには至らず、シーズン2でリベンジを誓っていた。古瀬さんは持ち前のスキルの高さに加え、スランプに陥ったメンバーにいち早く声をかけて寄り添うなど、仲間思いであることでも知られていた。

古瀬さんは番組で定期的に行なわれているPCR検査で陽性となり、保健所の指示のもとに経過観察を続けていた。10日間の隔離期間ののち、再度行なわれるPCR検査で陰性になっていれば合宿に参加する予定だったが、結果は陽性。番組のスケジュールに間に合わないため、オーディションへの参加を断念することとなった。

古瀬さんは番組の終盤でファンに向けメッセージを送った。

「10日間コロナ療養施設にてコロナと戦っていたのですが、順位発表式に間にあわせることができず、運営スタッフの方々もさまざまな可能性を考えてくださったのですが、コロナ陽性という大きな壁に打ち勝つことができませんでした」と絞り出すように語り、「国民プロデューサーの皆さん。今回はこのような形で皆さんの応援を裏切るようなことになり、本当にごめんなさい。コロナは本当に怖いです。いつ襲ってくるかわかりません。皆さんも絶対、この僕の状況を知って、気を緩めないでほしいです。気をつけていてほしいです」と涙を流し、声を詰まらせつつファンの健康を気遣った。

広告の後にも続きます

また、「僕の仲間たちが頑張っている姿を引き続き応援してください。またいつか、必ず僕を見つけてください。ありがとうございました」と、ともに戦った仲間への応援を続けてほしいと語っていた。

「古瀬くんのお知らせで涙が止まらない…」

古瀬さんはシーズン2となる今回のオーディションでは49位からスタートし、番組内で「オールラウンダー」と称されるバランスの良いスキルを武器に、28位、20位、17位と順調に順位を上げていた最中の不運に、ファンからは悲しみの声が相次いでいる。

「ベットの上で気絶するぐらいめちゃくちゃ練習してる古瀬がコロナで夢諦めなきゃいけないの悔しすぎる」
「古瀬くんが悔しすぎて あんなに魅力のある子いないしただただ悔しい」
「古瀬くんのお知らせで涙が止まらない……古瀬ェ……」

また、古瀬さん本人はパフォーマンスに参加できずとも、古瀬さんへの投票だけは続けさせてほしいとするファンの声も多い。

「せめて次の投票まで席を残しておいてあげてもいいのでは?万が一パフォーマンス無しでも投票に勝ったら、それは古瀬君の今までの努力の賜物でしょ」
「運営さんお願いします。どうか古瀬くんにもう一度チャンスをあげてください…」
「せっかくできた復活枠は、古瀬くんに使って欲しいな…」

TOPICS

ジャンル