top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

阪神、佐藤の痛恨ミスは急失速の前兆か 歴史的快進撃も優勝はできない? グラウンド内外で緊急事態続出中

リアルライブ

 勝率.710。22勝9敗1分、単独首位の矢野阪神が、中盤戦以降で失速するようなことになったら、あの試合のミスがクローズアップされそうだ。

 「牽制アウトにされた後、佐藤輝明は呆然としていました。佐藤は新人ですし、『プロとアマチュアの差』と言えばそれまでなんですが、阪神ベンチからきちんと指示が出ていれば、防げたはず」(プロ野球解説者)

 去る5月5日の対東京ヤクルト戦、阪神は終盤で追いつかれ、今季初の引き分けとなった。

 その勝ちゲームを引き分けにし、佐藤を呆然とさせたプレーとは、ちょっと高度な牽制アウトのこと。阪神が1点リードの7回表、2アウトながら二塁に走者を置いていた。その二塁走者が佐藤だった。佐藤はヤクルト・今野龍太投手の“ノールック”で投じられた牽制球により、タッチアウトを食らった。

 >>阪神・佐藤に「無駄死にしたせいで勝てなかった」ファン激怒 矢野監督の勝負手をミスで台無しに、敵軍の“策略”にもはめられた?<<

 その牽制アウトに、こんな指摘も聞かれた。「佐藤が狙われている雰囲気はありました。それを察することができなかったとすれば、阪神ベンチのミス」と――。

 「一般的な牽制球は、その前にピッチャーが走者を一瞥するなど『布石』があるんです。でも、今野投手は佐藤が二塁に到達してから、一度も見ていません。1点を争う大事な場面で二塁走者を見ないなんてことはあり得ない。ヤクルトバッテリーが無警戒を装い、佐藤を油断させたんです」(前出・プロ野球解説者)

 この牽制球は、サインプレーである。内野手が頃合いを見計らい、バッテリーにシグナルを送る。そして、捕手が「今だ、投げろ」のシグナルを投手に送って、成立する。

 「各球団で、シーズンを通して1回あるか、ないかのプレーです。でも、春季キャンプ中に何度も練習させられます。そういうフェイクプレーに騙されたということは、阪神ベンチが油断している証拠」(前出・同)

 気掛かりな情報もある。同試合の途中で交代した4番・大山悠輔内野手が背中の張りのため、翌6日に一軍登録を抹消された。矢野燿大監督は「重症化させないための措置」と強調していたが、同日、二軍調整中の藤浪晋太郎投手が結果を出せなかった。

 「四球を連発する場面がありました。投球モーションをまた変えており、その調子だと、しばらく時間が掛かりそう」(在阪記者)

 4番と開幕投手を失ったわけだ。それでも2位・巨人を引き離しているのも事実だが、25日からは「交流戦」も始まる。セ・リーグ各球団はパ・リーグに対する苦手意識が強く、阪神内部でも「勝率5割で乗り切れれば」と、弱気なコメントが飛び交っていた。

 「佐藤が一番疲れているのでは。短期リーグ戦しか経験していない大学卒の新人はペナントレースの長丁場は初めて。開幕して1か月を過ぎたころ、疲労のピークみたいなものを感じる傾向にあります」(ベテラン記者)

 阪神は12球団最速で20勝に到達したが、その一番乗りは、過去に3回経験している。しかし、優勝に辿り着いたのは2003年だけ。14年は交流戦で大きく負け越し、それが原因でペナントレースも逸している。佐藤も休ませてやりたいが、大山に代わって「4番・三塁」を務めているのでできないだろう。佐藤がどこまで頑張れるか、それがポイントとなりそうだ。(スポーツライター・飯山満)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル