top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ゴールデンレトリバーが考えた巧妙なトラップに引っ掛かる少年

カラパイア

遊んでほしいゴールデンレトリバーが考えた罠

 この家に住むゴールデンレトリバー、グレイシーは、少年にお腹を撫でてもらうのが大好きだ。少年が帰宅したらすぐにでもお腹を撫でてもらいたい。それには彼をリビング、もしくはベッドルームに連行する必要がある。

 そこでグレイシーは巧妙なトラップを考え出した。なるほどこれなら少年は目的の場まで自由が利かなくなる。なかなかのアイディアだ。 
 

Golden Retriever Traps and Pulls Son

 アメリカ、ノースカロライナ州フクエイバリナで、ゴールデンレトリバー2匹と暮らす家族。そのうちの1匹、2歳のメス、グレイシーちゃんは、家族の息子である13歳のコナーに撫でてもらうことが大好きだ。

 すぐにでも撫でて欲しい。そこで彼女は考えた。どうやったら少年を撫でてもらえる目的の場所まで迅速に運ぶことができるかを。

 閃いた!

 グレイシーちゃんは、少年の脚にしがみつくのではなく、片脚にぐるりと巻き付いて、自分の尻尾をくわえて輪を作ったのだ。

 グレイシーちゃんが足輪状態となっているため、少年は自由に動くことができない。この状態でグレイシーちゃんは目的の場所まで連行するのである。
 
 犬って賢い!更にそこまでして少年に撫でてもらおうとするグレイシーちゃんの一途な思いもすごい!
 
2

 ちなみにグレイシーちゃんは、少年だけでなく、家族を自分の思い通りに動かしたいときにこのトラップを発動するそうだ。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル