top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

坂口健太郎は韓国でも大人気!?現地での愛されぶりをまとめ♪

韓流大好き

愛称は“塩顔男子”

坂口健太郎は、韓国で“塩男子”と呼ばれて愛されているそう。日本語にすれば“塩顔男子”でしょうか!「色白で背が高く、塩の結晶のように澄んだイケメン」という意味だそうです♪ 逆に、濃いイケメンは“カンジャン男子”。「カンジャン」は日本語でずばり「しょうゆ」!こちらも日本の“しょうゆ顔男子”と同じですね! ちなみに、韓国でのインタビューの際には、彼には“プライベートに関する質問”と、この“塩顔男子”については禁止だったようです。プライベートについて禁止なのは分かるとしても、なぜ“塩顔男子”までダメなのか?それを関係者に聞くと「ある雑誌から始まって、彼を代表する呼称となってしまった。その単語一つに既定されたくないという本人の意思によるもの」という返答が。果たしてこれが彼の本心なのか、事務所の行き過ぎた配慮なのかは謎です…。

そっくりな2人!ソ・ガンジュン&坂口健太郎

彼が話題となったのは、韓国の俳優でボーイズグループ5urprise(サプライズ)のメンバーである、ソ・ガンジュンにそっくりだということ。7月3日に行われた記者懇談会では、この話題が出ると彼は「(ソ・ガンジュンを)最初はよく知らなかったのですが、これほどまで似ていると言われると、縁を感じます。機会があればぜひ一度共演してみたいです」と語っていました♪
(c)STARNEWS、tvN

韓国ドラマリメイク作への出演

韓国でも日本でも大ヒットしたドラマ『ごめん、愛してる』リメイク作への出演、さらに『シグナル長期未解決事件捜査班』への出演と、リメイク作への出演も彼の人気に火をつけました。
(c)Bighit Entertainment Co.,Ltd また、彼は7月2日に現地で行われたインタビューで、今や世界を股にかける“防弾少年団”との親交についても語っていました。主演を務めたリメイクドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』で、防弾少年団が主題歌を歌ったことがきっかけだったとのこと! 日本を越えて、海外でも人気を誇る坂口健太郎。海外でのドラマ、映画出演の可能性も高いのでしょうか?今後の活躍にも期待です♪

TOPICS

ランキング

ジャンル