top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アラ50女性3人が春ドラマを品評!“恋愛もの”は食傷気味!?

女性自身

アラ50女性3人が春ドラマを品評!“恋愛もの”は食傷気味!?

続々とスタートしている春ドラマ。4月20日現在、放送が開始したもので最も高い視聴率を記録したのは、玉木宏主演『桜の塔』(テレビ朝日系・木曜よる21時〜)で13.5%。続いて井ノ原快彦主演『特捜9 season4』(テレビ朝日系・水曜21時〜、13.2%)、内藤剛志主演『警視庁・捜査一課長 season5』(テレビ朝日系・木曜20時〜、12.8%)が高視聴率を記録した(視聴率はビデオリサーチ調べ)。

 

いずれも“テレビ朝日系×刑事もの”。その根強い人気が明らかになったかたちだ。

 

しかし、「まだまだ“大人女子に刺さる”ドラマはたくさんあります」と話すのは、アラ50ドラマウオッチャーの田幸和歌子さんとさっちゃんはね♪さん。本誌記者も合わせアラ50女性3人で、今春ドラマについて語り合った。

広告の後にも続きます

 

記者「刑事ものはいまだ定番として人気を誇っていますが、同じく定番だった医療系がめっきり減って、編集者や作家・ライターを主人公に据えたドラマが多いように感じます」

 

田幸「コロナ禍で病院への取材が不可能に近いですから、比較的取材のしやすい出版社が舞台になることは必然かもしれません。昨今は漫画原作のドラマも多いですし、テレビ局と出版社の関係は密接にあるのでしょう」

 

さっちゃんはね♪(以下、さ♪)「雑誌の編集部って、華やかな職場というイメージがあるだけでなく、さまざまな人たちとつながる“窓”でもありますよね。よくある『広報部』という舞台設定もこれに近いですが、さまざまな人間関係が描きやすいのかも」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル