top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

黄金の“70年代アイドル”を総直撃<早瀬久美>「おれは男だ!」の吉川クンが50年来の友・森田健作に送辞

アサ芸プラス

 71年2月にスタートした「おれは男だ!」(日本テレビ系)は、森田健作の主演ドラマとして代表作になった。そのヒロイン・吉川操を演じた早瀬久美(69)が、盟友との日々を語る。

──ドラマの放送開始から、ちょうど50年ですね。アイドル第1号の南沙織のデビューともほぼ同じです。

早瀬 そういえば、健ちゃんは南沙織さんの大ファンでした。あと、天地真理さんもいいって言ってたな。

──日本中の男たちと同じ目線ですね。

早瀬 私は少し前の66年に芸能界に入って、このドラマが始まった時は、19歳でした。健ちゃんは私より2つ上ですね。

広告の後にも続きます

──女子生徒が主導権を握っている青葉高校が舞台で、てっきりラブロマンスが始まるのかと思いましたが。

早瀬 最後までなかったですねえ。後半はそうなっていく設定だったようですが、健ちゃんはああいう性格だから、似合わなかったのかもしれない(笑)。

──甲高い声で「吉川クン」と呼ぶ場面は、よくものまねのネタにされていました。

早瀬 彼は剣道部で、私はバトン部。時代が次第にウーマンリブになっていったので、それを先取りしたドラマだったと思います。

──本来は半年の予定が、視聴率も好調だったため、1年に延期されました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル