top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

花咲徳栄vs上尾

高校野球ドットコム

 まずは上尾だが、執拗な粘りを見せたが最後は力負けとなった。相手の140km前後のストレートに対しても初回から鋭い打球を飛ばし、ヒット数は花咲徳栄と同じ9安打を放ったが、皮肉にも昨秋の浦和学院戦同様に長打力の差がそのまま結果として現れてしまった。右スリークウォーターの軟投派新井に188cmの長身右腕・中澤などの投手陣はバリエーションに富み安定しているだけに、打線のパワーアップが課題となる。この日3安打のリードオフマン後藤を中心とし、Bシードとして迎える夏までに肉体改造しどれだけ強豪私学に肉薄するだけのパワーをつけることができるかが今後の課題である。

 一方の花咲徳栄だが、この日もバントなしで戦うという制限を付けて試合に臨み、きっちりと序盤でビックイニングを作り、危なげない試合運びで関東大会の切符を掴んだ。唯一この日初めて9回まで試合を行い、中盤やや中だるみのような状態に陥った事が課題か。打線は総じて好調であるが、唯一プロ注目の浜岡に当たりが出ていない。その点浜岡も気にしているようで現在打撃ファームの試行錯誤をしている最中だそうだ。彼にも良い結果が出始めると、いよいよ打線として手が付けられなくなる。投手陣も今大会は松田を中心として回しているが、全試合継投で全く無理はさせていない。明日の相手は強打のライバル浦和学院だが、堀越を中心とし松田以外の投手がどれだけの投球を見せるかが今後の関東大会を見据えた試金石となるゲームであろう。

(取材=南 英博)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル