top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

花咲徳栄vs上尾

高校野球ドットコム

花咲徳栄が危なげなく上尾を退け関東大会進出

花咲徳栄、8点目ホームイン

 県営大宮球場の第2試合は優勝候補・花咲徳栄対公立の雄・上尾との一戦、試合の焦点はこれまで全試合コールドで勝ち上がっている花咲徳栄に上尾がどれだけ粘れるかが鍵となる。

 スタメンは花咲徳栄が不動のスタメン、一方の上尾は昨秋から打順が大きく変わっている。昨秋のクリーンアップ土屋 拓真(3年)、金丸 健司(2年)、中村 峰(2年)がそれぞれ2,3,4番に打順を上げ、昨秋2番の栗原 大晴(3年)が5番に入る。昨秋7番の金元 靖治(3年)が打順を一つ上げ、昨秋6番を打っていた八重崎 颯夏(3年)が9番に入り、7番には石川 陽己(2年)が入る。

 そして先発は上尾が新井 陸斗(3年)、花咲徳栄がMAX143km右腕・松田 和真(3年)と両エースが登板し試合が始まる。

 最初にチャンスを掴んだのは上尾である。

 2回表、上尾はこの回先頭の栗原がレフト線への二塁打を放ち出塁すると、続く金元がきっちりと送り一死三塁とする。ここで上尾ベンチは、7番・石川の所でスクイズを仕掛けるがバントはフライとなり併殺でチャンスを逸する。

広告の後にも続きます

 すると花咲徳栄はその裏、この回先頭の味谷 大誠(3年)がピッチャー強襲のヒットを放ち出塁すると、さらにその打球を受けたサードが一塁へ悪送球を放り無死二塁とする。ここで続く澤口 滉(3年)がライト前タイムリーを放ちまず1点、さらに7番・鹿野 亮太(3年)が死球で出塁し無死一、二塁とすると続く松田がレフト前タイムリーを放ち2点目を奪う。二死後、1番・川腰 瑠一(3年)が四球を選び二死一、二塁とすると、続く飛川 征陽(3年)がレフト線へ2点タイムリー二塁打を放つなど、花咲徳栄がこの回一挙4点を奪うビックイニングを作る。

 花咲徳栄は4回裏にも一死から1番・川腰が四球を選び出塁すると、続く飛川の所ですぐさま二盗を決める。さらに飛川がショートへの内野安打を放ち一死一、三塁とすると、3番・浜岡 陸(3年)がきっちりと犠飛を放ちまず1点、さらに続く冨田 隼吾(3年)が深く守っているセンターの前にポトリと落ちるタイムリー二塁打を放ち、早くも6点差をつけコールドペースへと持ち込む。

 上尾の反撃は6回表であった。この回から代わった2番手・金子 翔柾(2年)の代わり端を攻め、一死から後藤 貴希(3年)がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く土屋も四球を選び一死一、二塁とチャンスを広げる。ここで3番・金丸がセンター前タイムリーを放ち1点を返す。

 だが、花咲徳栄も7回裏、6回からマウンドに上がった2番手・中澤を攻め、この回先頭の味谷が四球を選び出塁すると、二死後、8番・金子の所で一走・味谷が二盗を決め二死二塁とする。ここで金子のショートゴロが相手の悪送球を呼び再度6点差をつける。



反撃する上尾

 コールドは避けたい上尾は8回表、この回先頭の後藤がレフト越えの二塁打を放ち出塁すると、続く土屋が四球を選び無死一、二塁とする。一死後、4番・中村がライト前タイムリーを放ち1点を返すと、二死後川口翔大朗(2年)もレフト前タイムリーを放ち2点を返し7対3と花咲徳栄・金子をマウンドから引きずり降ろす。だが、その後のチャンスは代わった3番手・MAX144km右腕堀越 啓太(3年)の前に凡退し万事休す。

 8回裏にも一死一塁から2番・飛川が左中間へタイムリー二塁打を放ちダメを押した花咲徳栄が8対3で上尾を制し関東大会進出を決めた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル