top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

畝傍vs奈良朱雀

高校野球ドットコム

畝傍が2季連続の8強進出

畝傍2番手の太田 佑音

 秋3位の畝傍が奈良朱雀に勝利して、8強入りを決めた。

 畝傍は1回表、一死満塁から5番・平井 慧人(2年)の二塁ゴロの間に1点を先制すると、なおも二死二、三塁から6番・宮本 優真(3年)が右前2点適時打を放ち、いきなり3点のリードを奪う。

 その裏、先発マウンドに立ったのは主将の若松 慎太郎(3年)。本職は外野手だが、以前から投手の練習もしており、初めて先発を任された。1回裏に一死一、二塁のピンチを招くが、勢いのある直球を主体に何とかピンチを凌ぐ。

 畝傍は2回表に9番・村井 洋介(2年)のスクイズなどで、着実に得点を重ねるが、3回までに4失策と本来の守りを発揮できない。2回以降は互いに点を取り合う展開となり、奈良朱雀は5点を追う6回裏に無死満塁のチャンスを作ると、畝傍がエースの太田 佑音(3年)をマウンドに送る。

 太田は併殺の間に1点を失うが、その後はチェンジアップ主体の投球で、相手打者を手玉に取る。9回裏も一死一、三塁のピンチを招いたが、冷静に切り抜け、無失点で試合を締めくくった。

広告の後にも続きます

 畝傍は2回戦が相手の棄権で不戦勝だったため、これが事実上の初戦だった。初戦の固さもあってか5失策とらしくない試合となり、「日頃はミスがないけど、今日はあまりにも多かった」と駒井 彰監督は苦笑した。

 それでも攻撃面ではスクイズや犠飛で着実に得点を重ね、太田もエースらしい投球を見せた。次戦以降は地に足のついた戦いに期待したい。

 奈良朱雀は立ち上がりから追いかける展開となったが、最後まで諦めずに食らいついた。先発した清水 風雅(2年)は身長183㎝の大型左腕。この日は4回6失点に終わったが、随所にキレのある球を投げており、将来が楽しみな投手だ。チーム全体としても2年生が多く、これからの伸びに期待したい。

(記事=馬場 遼)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル