top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「僕はきのこの山派です」スーパーの「攻めたポップ」が反響 掲示のわけは?売り場担当者に聞く

J-CASTニュース

「僕はきのこの山派です たけのこは土に埋まっとけ」。こんなポップが埼玉県鴻巣市内のスーパー「ロピア 吹上店」のお菓子売り場に掲げられ、その写真がツイッターに投稿されて話題になっている。

明治のチョコスナックを巡る「きのこの山」VS「たけのこの里」論争に、スーパーが参戦したのはなぜだろうか。お菓子売り場の担当者に詳しく話を聞いた。

「吹上ロピアを支持します」「宣戦布告か」

積み上げられた「きのこの山」の箱の上に、このポップが掲げられている。ポップには、「絶対きのこの山のが美味しい」との添え書きも付いていた。

右側に少しだけ見える積み上げられた箱は、「たけのこの里」だ。

この売り場写真は、2021年5月3日にツイッターで投稿された。

広告の後にも続きます

投稿者の「ゆーすけ」(@forza_consadole)さんによると、写真では見えないが、「土に埋まっとけ」を表現してなのか、一番下の段には全部「たけのこ里」の箱が積んであったそうだ。ゆーすけさんは、何かとクレームが寄せられがちなこのご時世にあって、攻めたポップでとても楽しめたと感想を書いていた。

投稿写真は、すぐに話題を呼んで、5000件以上もリツイートされている。

きのこの山派からは、「きのこの山こそ正義!!」「吹上ロピアを支持します」「山の者の聖地でいいだろ」と感謝の声が続々と寄せられた。

一方で、たけのこの里派からは、「宣戦布告か・・・ならば全面戦争だ」「竹の子美味しいのに」と残念がる声が出た。また、元女子レスリング日本代表で五輪4大会連続メダリストの吉田沙保里さん(38)がたけのこ党を自称していたことから、「吉田沙保里さんっ!!お願いします」とその登場を期待する向きもあった。

「目立たせたいだけで、たけのこの里派を貶めるつもりはない」

長く続くネット論争だけに、発売元の明治も、過去に「どちらが美味しいか」を巡って総選挙までしている。その度にデッドヒートを繰り広げ、両陣営とも一進一退を続けたが、同社が2020年9月に行った国民大調査では、全国47都道府県のうち、福島県を除いて「たけのこ愛」の量が「きのこ愛」の量を上回った。

ロピア吹上店のお菓子売り場を担当する男性店員は5月4日、J-CASTニュースの取材に対し、このポップを掲げた理由を次のように説明した。

「一言で言えば、目立たせたいということです。肉や魚でしたら、きれいに見せるために腕が要りますが、こちらはポップなどで差別化するしかできません。そこで、4、5日前に、数多くのお客様に見てもらえるように出しました。ネットで話題になったことは、部下から聞いて知りましたね」
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル