top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

SKE48荒井優希が本格デビューも伊藤麻希の前に惜しくも敗退【東京女子プロレス】

TOKYO HEADLINE

6・6さいたま「サイバーフェス」への参戦が決定

 東京女子プロレスが5月4日、東京・後楽園ホールで「YES! WONDERLAND 2021~僕らはまだ夢の途中~」を無観客で開催し、インターネットテレビ局ABEMA、動画配信サイト「WRESTLE UNIVERSE」で生中継された。第3試合では、人気アイドルグループ・SKE48荒井優希が本格的なプロレスデビュー戦に臨んだが、善戦むなしく因縁の相手・伊藤麻希に敗れ、白星発進はかなわなかった。

 荒井は2018年2月23日、愛知県体育館で行われた豆腐プロレスのリアルプロレスイベントにバブリー荒井のリングネームで出場。同10月にはDDTプロレスが管理するアイアンマンヘビーメタル級王座を奪取し、同28日に開催された同団体の後楽園大会での「女子時間差バトルロイヤル」に参戦し、2人残りで最後は伊藤麻希に敗れた。その素質にほれ込んだCyberFightの高木三四郎社長がラブコールを送り続けた結果、荒井はプロレスに取り組むことを決断し、練習に励み、ついに本格的なデビューを果たすことになった。

カカト落としを繰り出すも最後は「伊藤デラックス」にギブアップ

 アイドルとプロレスラーを兼務する「アップアップガールズ(プロレス)」の渡辺未詩とタッグを組んだ荒井は、九州発のアイドルグループ「LinQ」元メンバーの伊藤と、WRESTLE-1公式サポーター「Cheer1」の遠藤有栖とのコンビと激突。

 アイドル4人のそろい踏みとなった一戦は荒井と遠藤が先発。荒井は腕の取り合い、グラウンドでの攻防では互角に渡り合い、渡辺と連係したダブルエルボーを決めるなど好調にスタート。しかし、伊藤と対峙すると、ネックロック、DDT、背中にラリアットを食らうなど攻め立てられる。それでも10分過ぎ、伊藤のフライング・ビッグヘッドを自爆させると、得意技のカカト落としを一撃。2発目は阻止されるも、強烈なエルボーを叩き込む。しかし、伊藤はヘッドバットからDDT、倒れ込み式ヘッドバット、伊藤デラックスとたたみかけ、荒井からギブアップを奪った。

「絶対強くなるので見ててください!」

 伊藤は「荒井優希、オマエは弱い。でも、見ているお客さんは、オマエの弱い姿よりも、弱くても戦う姿に勇気をもらったヤツがいっぱいいると思う。オマエはSKE48の荒井優希じゃない。プロレスラーの荒井優希だ。プロレスラーはアイドルと同じように夢を与え続けろ。今日の試合で満足するなよ。負けたら絶対、次は勝てよ。何年かかってもいいから、伊藤麻希を潰しに来い! 伊藤は何回でもプロレスラー荒井優希を潰してやる。まあ、オマエのことなんて興味ないけど頑張れ」とエール。

広告の後にも続きます

 荒井は「今日は負けちゃったけど絶対強くなるので見ててください。応援よろしくお願いします」と叫んだ。

 バックステージで伊藤は「宣言通りちゃんと勝ちました。デビュー戦にしてはよくやったほうだとは思うんですけど、まだまだだなっていう感想ではあります。もっといろんなことを磨いて伊藤麻希を潰しにきてほしい。いいカカト落としでした。誰でもできる技じゃないんだっていうのは思います。もっと磨いてほしいですね。今日の試合で伊藤は荒井優希をプロレスラーとして認めました。認めたからこそ、期待を超えてほしいなと思います。月イチ参戦でどれくらい成長できるのかっていうのを楽しみにしていようと思います。私たちは毎週試合して、その分成長してるので。楽しみにしてます。(点数は?)100点満点中、8点」と辛口を混ぜながらも、荒井の奮闘を評価した。

得意技のカカト落としを“Finally”と命名

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル