top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ウマ娘」が再び証明した、ゴールドシップの魅力 リアルもゲームも変わらない「破天荒ぶり」

J-CASTニュース

大ヒット中のゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」で、一躍「時の馬」となったのはゴールドシップだろう。

「猛獣」として数々の逸話を残した競走馬のゴールドシップだが、そのエピソードがウマ娘にも活かされてゲームの中で有数の問題児に。しかしその破天荒ぶりが「ゴルシちゃん」として愛される一因にもなっている。

競走馬のゴールドシップを見てきた公営競技ライターの佐藤永記さんは、ウマ娘のゴールドシップからも目が離せなくなってしまった。競走馬の気分屋ぶりと同じように、ゲームでもトレーナー(プレイヤーの通称)が振り回される様子を佐藤さんがレポートする。

競走馬の「ゴールドシップ」はどんな馬だった?

ゴールドシップの馬券攻略には手を焼いた。

ウマ娘のゴールドシップが見せるゲームで見せる謎行動、それは史実のゴールドシップも共通している。通算28戦したなかで1番人気になること実に15回、5番人気以下になったことはなく、誰もが認める「最強馬」だったにもかかわらず、通算成績は【13-3-2-10】(1着が13回、2着が3回、3着が2回。馬券圏外の4着以下が10回という意味)。

広告の後にも続きます

馬券圏外になった10回の数字からだけでも、ゴールドシップは気分屋だったという関係者の話を証明しているといえよう。

ゴールドシップは後方からまくってくる追込馬だ。実際の競馬での1着割合を見ても、追込は全体の1割に満たない数しか決まらないレアな戦い方であるが、ゴールドシップの追込は直線に入って一気にぶち抜く鋭い追い込みではなく、どちらかといえばロングスパートの「捲り」ともいえる追い込みだった。最後方からレースを始め、レース後半から徐々に加速し、直線に入るころにはけっこう前のほうに進出している形だ。

ゴールドシップを「とにかく筋肉が柔らかい」と評したのは、種牡馬となった彼が所属するビッグレッドファームの総帥で、21年3月に亡くなった故・岡田繁幸氏だ。弾けるような瞬発力を生むゴリゴリのパワーではなく、長くジワジワ筋肉を使う馬、それがゴールドシップだった。

飛び蹴りは「柔軟性の証」

高い柔軟性は引退後のゴールドシップが飛び回っている写真や動画で確認することができる。斜め下へのローキック写真などは見事な柔らかさと蹴り癖がなければ実現しない。その高い柔軟性がゆえに、ジワジワ筋肉を使う「気分」になるのが遅れると、加速が頂点に達する前にレースが終わってしまう。これが大敗の主な理由だった。

そして、肝心のゴールドシップが超のつく気分屋なので、不発大敗がどうしても頻発する。気分さえ乗れば……「お願いです、ちゃんと走ってください」騎手がゴールドシップにお願いするエピソードが存在したのもやむを得ないところだ。

ゴールドシップが気分屋である理由、これも多くの競馬ファンが解明しようと今でも話題になるテーマだ。血統を見ると母方には日本に根付き3代に渡って春の天皇賞を制したメジロマックイーンの血が入っており、日本の長距離への適性と、何代にも渡って同じコースを攻略した賢さも持っている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル