top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

浦川翔平『BUZZらないとイヤー!』 第2回 TikTokで大人気のロカールカンピオーネ、バズる理由は「ダンサーすぎない目線」

TOKYO HEADLINE

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE で、DJ Sho-heyとして、TikTokerとして、日々バズることについて思いを巡らす浦川翔平さんが、いろんなバズりのバズったワケを探ります。第2回は、TikTokで大人気のロカールカンピオーネとコラボ動画を撮って思ったこと。

 浦川翔平です。第2回です。

 ローカルカンピオーネとコラボした『Dirty Disco』、そして『DREAM YELL』ご覧になっていただけたでしょうか。……ようやく世に出たかという動画です。まだだという方がいたら、ぜひ見てほしいです。ヤバいのができてます。

 ローカルカンピオーネがTikTokでおすすめに出てきた時には衝撃を受けました。面識もない人に連絡をするという初めての経験をして、一緒に動画を作り……パートナーでもあるけれど、信頼できる新しい友人ができました。

 彼らが作る動画がバズっているのは、キャッチーでマネしたくなるものからです。リリックに重きを置くことでダンスをしない人でも踊りやすくしている。それをカッコいいダンスもちゃんと踊ることができて、カッコいいダンスを踊りたいと思っているダンサーがやっているところがポイントだと思います。

広告の後にも続きます

 彼らに作ってもらった動画を、THE RAMPAGEのメンバーにも踊ってもらいましたが、陣さんの一言目は「ここのリリックをとってくるのか」でした。

 

 ダンサーは、ドンツカドンツカとかドドドドドとか、ビートを先行して音を取っていきます。ダンサーだったら、それが普通なんです。でも、彼らはそうしないでリリックに注目します。3分ある曲から15秒を切り出すときにも、振り付けやしぐさをつけやすい部分を選んでいて、普通だったら拾わないだろうなという部分であるのもポイントが高いです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル