top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

豪華メンバーの“春奈会”も空中分解? 過去の発言が“ブーメラン”になってピンチのハリセン近藤

リアルライブ

 3月末で日本テレビ系情報番組「スッキリ」のサブ司会を卒業したお笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜だが、以後、バラエティー番組出演が激減してしまっている。

 「ソロのスケジュールは『土曜スタジオパーク』(NHK総合)くらいで、今のところ白紙に近い。コンビで『幸せ!ボンビーガール』(日テレ系)、『ニンゲン観察バラエティー モニタリング』(TBS系)に出演しているが、確実に収入は激減してしまったはず」(テレビ局関係者)

 そうなってしまった理由だが、どうやら、過去のテレビ番組での発言が“ブーメラン”になってしまったようだ。

 「19年に吉本興業所属の複数の芸人の闇営業問題発覚の際、『スッキリ』のMC・加藤浩次は、番組内で吉本の上層部を公然と批判。“加藤の乱”と呼ばれたが、すっかり近藤も同調。さらに、加藤と同じ専属エージェント契約を結んでしまった。その契約だと、吉本に利益がないため、番組を切られても吉本にはほとんどダメージがない。あの時の発言で、上層部の恨みを買った近藤も加藤同様、“粛清”の方向のようだ」(芸能記者)

 ​>>ハリセン春菜、『スッキリ』自主的卒業を強調も視聴者は疑問?「事実上のリストラ」の声が消えないワケ<<​​​

 近藤といえば、羽振りが良かった時期は「春菜会」と呼ばれる有名人の会合を主催。会合の際は自ら全額を支払っていたようだが、参加していたのは、引退した安室奈美恵さん、女優の吉高由里子、水川あさみ、本田翼、RADWIMPSの野田洋次郎ら豪華な面々だったのだが…。

 「吉高はいまだに親友のようですが、ほかの面々はすっかり離れてしまったようだ。もともと、近藤がおごってくれるから集まっていただけかもしれないが、おそらく、本人が今になって一番それを自覚しているのでは」(同)

 そして、気になるのが今後、ソロでの仕事が増えるかどうか。

 「キャラ立ちした後輩芸人が続々と台頭。すっかり“いす取りゲーム”に負けてしまったので、それは厳しいだろう」(先のテレビ関係者)

 すっかり“全盛期”は過ぎ去ってしまったようだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル