top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東京都町田市が住民票や印鑑証明など全ての発行手数料のキャッシュレス決済に対応! 「e‐まち実現プロジェクト」の一環

ネタとぴ

 町田市は、テクノロジーの積極的な導入・活用により、市民にとって便利な“まち”への転換等を目指す「e‐まち実現プロジェクト」を推進しており、そのプロジェクトの一つとして、2021年5月6日(木)から、住民票や印鑑証明書などすべての発行手数料などの支払いに、多種類のキャッシュレス決済が利用できるようになります。

 市民課、市内に6カ所ある各市民センターや5か所の連絡所で対応し、現金を持ち歩かずに支払いが可能になります。利便性が向上するほか、非接触で支払いを行なうことで、新型コロナウイルスの感染防止にもつながるとしています。

対応するキャッシュレス決済の種類

【クレジットカード】VISA、MASTER
【電子マネー】iD、交通系電子マネー、nanaco、WAON、楽天Edy
【コード決済】LINE Pay、Pay Pay、楽天Pay、d払い、メルペイ、auPAY、ゆうちょPay

支払いとなる対象

 住民票の写し、住民票記載事項証明書、印鑑登録証明書、戸籍全部事項証明書(個人事項証明書)、除籍全部事項証明書(個人事項証明書)、除籍謄本(抄本)、改製原戸籍謄本(抄本)、受理証明書、戸籍の附票など、交付手数料など、市民課で発行するすべての証明書

利用できる窓口

 以下の証明書発行窓口で利用することができます。

広告の後にも続きます

・市民課(市庁舎1階)
・各市民センター(6カ所)
・各連絡所(5カ所)
※玉川学園駅前連絡所は、5月24日(月)から

注意事項

・支払い後のキャンセルはできません。
・窓口での電子マネーのチャージ、残高照会はできません。
・クレジットカードは一括払いのみ決済可能です。
・ポイント利用による支払いはできません。
・現金との併用はできません。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル