top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

永野芽郁[イベントレポート]菜々緒との共演時の想いを告白!「女として惚れました」映画『地獄の花園』大ヒット祈願イベントにて

Pop'n'Roll

永野芽郁と菜々緒が、本日5月4日(火・祝)に東京・花園神社で開催された<映画『地獄の花園』大ヒット祈願イベント>に登場した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

冒頭、永野は“今日はありがとうございます。大ヒット祈願ということもあったので、もちろん大ヒットできますようにとお願いをしたのですが、上映されている映画も多い中ですべての劇場が今空いているわけではないので、全国の劇場が無事に開き、そこで『地獄の花園』を観て笑ってもらえる作品になったらいいなと思いを込めました”、菜々緒は“今、状況的にはいろいろ厳しいと思うので、みなさんが安全に健康であるようにという想いを込めて大ヒット祈願をさせていただきました”と挨拶しながら、祈祷後の気持ちをそれぞれ語った。

商売・芸能に所縁のある花園神社にちなみ、女優として活躍する2人の個人的な願いを、絵馬を模したフリップで発表することに。

永野は“続編”と書かれたフリップを見せながら、“個人的な願いが強めで、全然何か進んでいるわけではないですが、ここで大人たちに圧をかけていこうかなと(笑)。菜々緒さんも撮影中に本当に面白いから国をまたいで続編やれたらいいよね、という話をされていたんですよ。なので、大人の人がこれからどう動いてくれるのか楽しみです”と茶目っ気たっぷりに述べ、“国をまたいでというと?”というMCの質問に対して“次は世界中のOLを倒していく!”と、大きなスケールとなった次回作の方向性を冗談交じりに話した。

永野芽郁<映画『地獄の花園』大ヒット祈願イベント>東京・花園神社(2021年5月4日)

広告の後にも続きます

一方、菜々緒はフリップに“修行”と書き、“続編については、私も撮影中にも話していたので同じ気持ちなんですけど、個人的なことでいうと最近修行するのが好きで、この前滝行に行ってきまして……修行を極めて、今こういうご時世なので、心身ともに鍛え上げていこうかなと”と最近のマイブームを明かした。

菜々緒<映画『地獄の花園』大ヒット祈願イベント>東京・花園神社(2021年5月4日)

台本を読んだ時や本編を観ていて面白いと思ったポイントについては、永野は“まず、脚本がバカリズムさんで監督が関(和亮)さんと聞いた時点で私はやりたいと話していました。気持ちが上がったまま脚本を読んで、設定の斬新さとテンポ感のよさなどに惹かれてすごく現場が待ち遠しかったです。この脚本に自分が置いて行かれないように、どうしたら面白くなるかな?や、脚本の面白さを壊さないようにと必死に考えながら演じていました”とコメント。

菜々緒も“バカリズムさんが脚本って聞いただけで、あ、もうこれは大丈夫。という謎の安心感を持って脚本を読ませていただいて、完成した作品を観て、映像の美しさと笑いとのギャップの激しさへの違和感がまたさらに面白くて……とにかく早く観てほしい一心ですね”と、作品への自信の大きさをのぞかせた。

2人の共演シーンについて、永野は“共演シーンだと、広瀬さん演じる蘭と会社の食堂で普通に食事をしている最中に朱里(菜々緒)が来て堅気の私に対して「直子(永野芽郁)の意見も聞かせてほしい」と話すシーンがあるんですけど、すごくカッコよくて、「あぁすごい2人が目の前にいる」という気持ちになって、女として惚れました”と告白。

MCが朱里の奇抜なメイクに対して触れると、菜々緒は“衣装合わせであのメイクをした時に、最初はどうなるんだろうってちょっと大丈夫かな?と不安に思ったんです。でも、遠藤(憲一)さんや大島(美幸)さんのヘアメイクと衣装を見て、「あ、これじゃ弱いんだ。これじゃ負けちゃうんだ」と思って、それからはけっこう案を出させてもらいました”と、奇抜なビジュアルの誕生秘話を語った。

普通のOLのビジュアルだった永野は、“普通ならみなさんの格好がおかしいはずなのに、1人だけ普通のOLとして現場にいたので私がおかしいという気持ちになっていました”と、共演者の強烈なビジュアルになかなか慣れなかったという当時を振り返った。

菜々緒は、“普通の直子たちの会話で、「あ~本当にこういう会話を女子ってしてるな~」というところを、ウマいことバカリズムさんが脚本に落とし込んでくださっていて、何気ない日常の中のあるあるが散りばめられていてクスっと笑ってしまいます。あとはヤンキーOLチームの人たちが喧嘩でボロボロになっているのに仕事はちゃんとこなすシーンなどは可愛いらしくて、ビジュアルは怖い人たちなのに、なんだか憎めないキャラクターになっています”と、特に印象に残ったシーンについて口にした。

注目してほしい自身の出演シーンについて聞かれると、永野は“やっぱりあれだけの暴言を吐いて、人を殴り飛ばし、蹴り飛ばす凶暴な私は、きっとこの作品でしか観られないと思いますし、今までの自分とはまた全然違う姿をお見せすることができました。大きい声を出すのが苦手なのですが、「無理です!」と言いながらすごく頑張りました”と、自らの新境地をアピール。

菜々緒は、“コーンローのヘアスタイルがトレードマークなのですが、OLになる前の回想シーンでもまた違うコーンローをしていて、その数十秒のシーンのために1時間半かけてコーンローをやり直したんです。これもすごくカッコいいので、瞬きなしでそこもぜひ注目してほしい。本当に芸術です”と述べた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル