top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「安楽死させるよりつらい3つのこと」 獣医の告白に胸が締め付けられる

grape [グレイプ]

動物の健康を守り、時には命を救う使命を担う獣医師。やりがいのある仕事であると同時に、つらい仕事でもあります。

海外の画像投稿サイト『Imgur』に投稿された、ある獣医師の告白が反響を呼んでいます。

獣医師としてもっともつらい『3つ』のこと

3年間獣医師として働いてきたという投稿者さんは、ペットを安楽死させる時に、飼い主から決まって「これはあなたの仕事の中でもっともつらいことだろうね」といわれるのだそう。

しかし「それは違う。全然違う」といい切ります。

投稿者さんいわく、ほとんどの安楽死のケースではそれほど悲しみはないのだとか。

広告の後にも続きます

もちろん、家族を失った人たちを見て打ちひしがれたり、その人たちを慰めたりもするといいます。

それでも「動物の苦しみを終わらせることができるのは獣医師の特権であり、動物の体がギブアップするまで苦しむ姿を見ているほうがより悲しい」のだそう。

では投稿者さんにとって、安楽死よりつらいこととは何なのでしょうか。それは3つあるといいます。

It’s not even close

1.ペットを助けられる治療法があると分かっているのに、飼い主がその費用を支払えない時。かわいそうな飼い主とペットに対して心が痛み、自分にもっとできることがあればいいのにといつも思います。

2.治療や診断の費用のことで毎日毎日飼い主から怒鳴られ、感情的にとても消耗します。私が価格を設定しているのではないということを人々に知ってもらいたい。もし私が決められたとしても、獣医の診療所を経営するには少額の費用がかかり、治療費や診察代がそれをカバーしています。

人々はクロスブリードのためにブリーダーに2500ポンドから3000ポンドを払うことはいとわないのに、健康診断と最初のワクチンに70ポンドは不当に利益を得ていると思うのですか?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル