top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

黄金の“70年代アイドル”を総直撃<林寛子>キャッチフレーズは「そよ風みたいな女の子」だった

アサ芸プラス

 小泉今日子がリバイバルヒットさせた「素敵なラブリーボーイ」は、もともと林寛子(61)のオリジナルだ。実にこれまで、何万回も歌ってきたという。

──自身がオーナーを務めるカラオケサロン「ラブリー寛寛」は何年目に入りますか。

 07年にオープンして、14年目を迎えました。ただ、現在はコロナ対策でカラオケサロンは休業していて、YouTubeの発信スタジオに使っています。

──さて、子役のデビューも早く、人生のほとんどが芸能生活ですね。

 4歳で児童劇団に入って、本格的にデビューしたのが67年のNHK朝ドラ「旅路」で、当時7歳でしたから。

広告の後にも続きます

──週刊アサヒ芸能の男性読者層だと、くノ一のカスミ役を演じた「変身忍者嵐」(72年、NET系)も印象深い。

 なぜか32話までで突然、消えているんですけど(笑)。今でもファンの方に理由を聞かれますが、私もわからなくて。むしろ、役の中で殺されたほうがよかったかもと思います。ただ、原作の石ノ森章太郎先生には、とてもごひいきにしていただきましたね。その前に「仮面ライダー」(71年、NET系)にも出ていますし、主演をやらせていただいた「がんばれ!レッドビッキーズ」(78年、テレビ朝日系)は、先生の絵コンテが完全に私の顔で。ああ、私が主役なんだと絵を見ただけでわかりました。

──そして歌手としては、73年に「君こそスターだ!」(フジテレビ系)で第1回のグランドチャンピオンに輝き、74年に「ほほえみ」でデビュー。

 私のキャッチフレーズって「そよ風みたいな女の子」だったんですよ。それが芸能界に57年もいると、すっかりトルネードを吹かせていますけど(笑)。

──6枚目のシングルが「素敵なラブリーボーイ」(75年)で、自身最大のヒット曲になりました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル