top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「完成度は7割」公開練習から見えた羽生結弦4回転半の現状

女性自身

「完成度は7割」公開練習から見えた羽生結弦4回転半の現状

「私の座席の目の前で、4回転半の練習を始めたんです。私のほうに向かって跳んできたので、あまりの高さとスピードに圧倒されました」(目撃した観客の女性)

 

ファンを大興奮させたのは、羽生結弦(26)。4月17日、国別対抗戦のエキシビション前日の公開練習で、4回転半ジャンプ(4回転アクセル)に挑戦したのだ。

 

「誰も成功させたことのない4回転半ですが、羽生選手はそれを跳びたいと、ずっと話してきました。(来年開催予定の)北京五輪よりも4回転半成功のほうが大切な目標だ、と明言しているほどです。公の場での4回転半練習は、’19年12月の海外での公式練習以来で、国内での披露は初。今回は12本挑戦しましたが、回転が抜けるか転倒するかで、1度も成功しませんでした」(スポーツ紙記者)

広告の後にも続きます

 

苦闘を目の当たりにした冒頭の観客の女性は続けてこう語る。

 

「転んだときの衝撃音がドスンとものすごくて怖かったです。ケガをしてしまうんじゃないかとハラハラしました。それでもあきらめずに何度も挑戦していて……」

 

あえて公の場で30分間も4回転半を跳び続けた理由を、元フィギュアスケート選手で、現在は解説者や指導者として活躍する本田武史さんはこう解説する。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル