top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「価値わかる人いない」審判員語る羽生結弦4回転半への懸念

女性自身

「価値わかる人いない」審判員語る羽生結弦4回転半への懸念

4月17日、国別対抗戦のエキシビション前日の公開練習で4回転半ジャンプ(4回転アクセル)に挑戦した羽生結弦(26)。

 

誰も成功させたことのない4回転半は、羽生がずっと「跳びたい」と話してきたものだった。公の場での4回転半練習は’19年12月の海外での公式練習以来で、国内での披露は初。今回は12本挑戦したが、回転が抜けるか転倒するかで1度も成功しなかった。

 

それでもフィギュアスケート評論家の佐野稔さんは「完成度は70?80%くらいでは」と本誌に分析。元フィギュアスケート選手で、現在は解説者や指導者として活躍する本田武史さんも「完成度は7割くらいですかね」と語るなど、期待を抱かせる内容だった。

広告の後にも続きます

 

試合での成功を見られる日が心待ちにされるが、あるフィギュアファンは4回転半の試合での扱いについてこんな話を――。

 

「ファンの間では“4回転半の基礎点が低すぎるのでは”とささやかれています」

 

4回転半の基礎点は、ISU(国際スケート連盟)によって12.5点と規定されているが、

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル