top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

奈良大附vs橿原学院

高校野球ドットコム

奈良大附が橿原学院の反撃を振り切る

2失点完投勝利を収めた二宮知也(奈良大附)

 奈良大附が橿原学院との私学対決を制した。

 奈良大附は1回裏、二死二、三塁から相手のパスボールで先制すると、なおも二死三塁のチャンスで5番・北森慶之(2年)が左前適時打を放ち、リードを2点に広げる。

 さらに3回裏に内野ゴロで1点を加えると、4回裏には二死一、三塁から2番・河原巧(2年)が右前適時打を放ち、着実にリードを広げる。

 守っては先発の二宮 知也(3年)が右横手投げから両サイドへのストレートや打者の膝元に沈むシンカーを武器に4回まで4奪三振と素晴らしい投球を見せる。

 何とか反撃したい橿原学院は5回表に栗林叶夢(3年)のソロ本塁打で1点を返すと、その裏から登板した吉田陽斗(2年)が右横手投げからフライを打たせる投球を見せ、懸命に流れを引き寄せようとする。

広告の後にも続きます

 すると、9回表、二死から5番・城内秀太(3年)の二塁打と四球で一、二塁のチャンスを作り、代打・大倉天快(2年)の中前適時打で1点を返す。なおも二死一、二塁とチャンスは続いたが、最後は代打の渡邉匠(3年)がライトフライに倒れ、試合終了。最後まで二宮が粘りの投球を見せた奈良大附がリードを守り切った。

 苦しい試合を勝ち切った奈良大附の田中一訓監督は「トレーニングを一生懸命やって、心の部分で成長でき、粘りが出てきました」と冬場の練習の成果を出せたことを評価した。7回表には無死満塁のピンチをホームゲッツーと三振で切り抜けるなど、粘り強い野球を展開して、橿原学院の反撃を振り切った。次戦でも堅い守りで勝利を掴むことができるだろうか。

(記事=馬場 遼)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル