top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ワルイ女が主人公!男も女も虜にする「魔性の女」小説、オススメ2冊

朝時間.jp

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、魔性の女を描いた小説

悪い女とわかっていても、男も女も虜になってしまう。人の心を自在に操る「魔性の女」や「噂の女」があなたの心も翻弄します。読み出したら面白くてやめられない、どっぷりと物語の深みにはまる2冊をどうぞ。


噂の女
著者:奥田英朗
出版社:新潮社

人気作家・奥田英朗の毒と笑いに満ちた小説です。噂の女の名前はミユキ。いつもきな臭い話がつきまとう女です。金持ちの男たちを色仕掛けで次々と手玉に取り、やがては玉の輿婚から高級クラブのママへ。中古車販売店の女、料理教室の女、檀家の女……。みんなミユキのことなんです。

広告の後にも続きます

でも、昔のミユキを知る人は口をそろえて言うんです。すっごい地味な子やったのに……。そんな子がどこでどうして「噂の女」になったのか。

妖艶なだけじゃない。愛想も気配りもある。それがミユキの魔力なんですね、きっと。だから「たとえ騙されたって俺は構わん」と男に言わしめる。「一度でいいから自分も悪女になってみたい」と妄想する女さえいる。ミユキに魅入られたら最後、男も女も果てしない欲望に目覚めてしまうのです。


悪女について
著者:有吉佐和子
出版社:新潮社

有吉佐和子のドラマチックな傑作小説。謎の死をとげた女実業家・富小路公子のスキャンダラスな一生を描きます。

富小路公子の本当の姿を誰も知らない。誰かにとっては奥ゆかしく清純な女性。一輪の白百合のような人、捨て犬を抱いて涙を流した人、心の綺麗な人……。悪女だなんてとんでもない。天女のようだと語る人さえいる。けれど、彼女と関わりのあった27の男女が公子の人物像について語るうち、そのとんでもない裏の顔が次第に明らかになってきます。男心を巧みに操りながらも、相手にちらりとも気づかせない。その手際の良さ、鮮やかさといったら。

公子の人物像を語る人の本性も顔をのぞかせるのが面白い。ワルイ女の怖さと魅力満載の一冊をぜひどうぞ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル