top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

KEITA JUMPROCKが悲願の優勝! 「DOUBLE DUTCH ONE’S FINAL 」

FINEPLAY

2021年 5月1日(土)、ダブルダッチの“個人戦”『DOUBLE DUTCH ONE‘S FINAL 2021』が開催された。3人以上のプレイヤーを要する「ダブルダッチ」だが、縄を回す2名のプレイヤーを固定し、ジャンプするプレイヤー1名の技量のみを比較し競い合うのが、この“ONE’S”(ワンズ)スタイル。
FINALとなる今回は、各回の予選に出場し、戦績に応じて付与される“ポイント”を稼いだ16名の選手が集結。トーナメント形式でチャンピオンの座を競い合う。

FINALIST 16名とMC / Photo by AYATO.

新型コロナウイルスの感染拡大防止などの配慮もあり、今回は全編が無観客でのオンライン配信。しかしその組み合わせは事前にSNSで告知されるなど、かつてない規模と思いで開催されることに。

どれもがまさに“激闘”。実力派プレイヤー同士のマッチアップは勝敗の読めないものも多く、配信には常に600以上のビューが。またONE’SのSNSには、日本のみならず世界中から家族・友人と鑑賞を楽しむ投稿も多く寄せられ、イベントの注目度の高さを物語っていた。

さて、その中でBEST4のうち3名「KEITAJUMPROCK」「KENGO」「KO-YA」は国内プロチーム「REGSTYLE」のメンバー。そこに、何と現在大学3年生となる期待の新星「CHEGA」を加えた4名がしのぎを削ることになった。

まずはKEITA JUMPROCKKENGOのバトル。REGSTYLEのチームメイトでもあり、師弟対決とも言えるこのバトル。トップロックスタイルをダブルダッチに昇華させるKEITAと、ダイナミックな動きの中にしなやかさを併せ持つKENGO。似て非なる2人のバトルはKEITAの猛攻に1本を先制されると、焦りからかKENGOがミスを連発。KEITAが5名の審査員全員から票を獲得し完封勝利を果たす。

KEITA JUMPROCK / Photo by AYATO. KENGO / Photo by AYATO. 試合後のワンシーン / Photo by AYATO.

広告の後にも続きます

そしてCHEGAKO-YAのバトル。年齢差12、何と干支を一周している2人のバトルは、こちらも気迫のぶつかり合い。睨み合う両者の姿が印象的だったが、お互いを見据えつつも、その先の決勝戦そしてチャンピオンの座を狙っていたようだった。年齢差を感じさせないこの戦いだったが、こちらもKO-YAが完封勝利。

CHEGA / Photo by AYATO. KO-YA / Photo by AYATO. にらみ合う両者 / Photo by AYATO.

そして遂に決勝戦。対岸のブロックにいたKEITA JUMPROCKKO-YA、同じチームのメンバーで切磋琢磨してきた2人が決勝のフィールドで激突。技量もさることながら、ロープの外の煽り合いから本気だったこの試合。現場の選手・スタッフも息を呑むバトルは、両者が全身全霊を掛けた世紀の大勝負だった。

KEITA JUMPROCK / Photo by AYATO. KO-YA / Photo by AYATO. ロープ外での煽り合いも熾烈 / Photo by AYATO.

そんなダブルダッチの歴史を塗り替えるこの戦いは、3対2でKEITA JUMPROCKが優勝。2年ぶり3度目、悲願の優勝を果たした。

ジャッジ緊張の瞬間/Photo by AYATO. KEITA JUMPROCK / Photo by AYATO.

ダブルダッチの個人戦は、もちろんその身ひとつでの戦いだ。しかし背負う思いは一人分ではない。あの日、あの場にいたFINALISTは全員、確かに勝たなければならない「理由」を持っていた。勝敗の事実だけ取ってみればそれは無機質なものでしかないが、そこには語り尽くせない無量のドラマがあった。当日の様子はYouTubeチャンネル「DOUBLE DUTCH TV」にてアーカイブが配信されているので、記事には触れていない試合も含め是非ご覧頂きたい。あの場所にいたプレイヤーたちにとって、この一日はファイナルではない。彼らが紡ぎだす物語のスタートだった。

CHAMPION・KEITAに優勝コメント

KEITA JUMPROCK / Photo by AYATO.

——まずは優勝、おめでとうございます。率直なお気持ちをお聞かせください。

何だかんだギリギリでしたね(笑)。練習もトレーニングも相当してきて、煙草も止めて、直前期には食事制限もかけたので、イメージでは圧勝かなと思っていましたが、 みんな強かった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル