top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

年収400万、離婚時の全財産90万円のシンパパが「億り人」になったワケ

BOOKウォッチ

どん底サラリーマンが株式投資で2億円 いま息子に教えたいお金と投資の話(ダイヤモンド社)<amazonで購入>

35歳の時に妻が浮気して、5歳の息子と突然父子家庭に。年収は400万円でカツカツの生活。全財産は90万円。そんな状況からスタートして、株式投資で大成功を収めた人がいる。

2021年4月20日、『どん底サラリーマンが株式投資で2億円 いま息子に教えたいお金と投資の話』(ダイヤモンド社)の著者、DokGenさんだ。


35歳で突然父子家庭になったDokGenさん。夕方5時半に定時退社して保育園に向かう日々で、残業はできず苦しい生活が続いていた。

そんな中、最低限の衣食住で生活費を切り詰めて200万円を貯蓄。株式投資をしつつ4年間で1000万円を貯めた。これを軍資金に、DokGenさんは 元手の約3倍まで運用できる信用取引を開始。

「ときにはリスクをとらなければ、人生は変えられない」

リーマン・ショックに見舞われるなどもあったが、最終的には『会社四季報』の大株主欄に名前が載るほどの成功を収め、”億り人”に。そして集中投資で超長期保有する自称「ほっとけ投資」を始め、さらに資産を増やし”ダブル億り人”になった。年収400万円からの大逆転だ。

広告の後にも続きます

途中で再婚したが、妻と折り合いが悪く別居してグレてしまった息子も、大きく成長し就職した。そんな息子に伝えたお金と投資の話が綴られている。

本書では、DokGenさんが息子に伝えた投資で成功するコツや軍資金の作り方などが書かれている。

例えば、投資については「周囲に投資の話はしない方がいい」「①借金をしない②スタディ(勉強)をする③仕事は頑張る(でも時間は売るな)④働く伴侶を娶る」など、実感が込められたアドバイスだ。

また、本気でやれば年収の半分を貯金できる軍資金の作り方には、住居費や食費の目安、着るものは全身ユニクロなどの具体的な話が書かれている。

そして、資産を2億円に増やすことに成功した「ほっとけ投資」についても、「①知っている会社②たぶん倒産しない会社③割安な会社④小さな会社」の4つの視点を軸に銘柄を選ぶ方法が紹介されている。

本書の目次は以下の通り。

Prologue いま息子に教えたいお金と投資の話
◎ 就活中の息子にした「資本家」と「労働者」の
◎ サラリーだけで生きられる時代は終わった
◎ 三流大学卒、普通のサラリーマンでも”億り人”
◎ 息子よ、まずは株を買ってみろ

STEP1 年収400万円からの株式投資
◎ 雑誌の推奨銘柄をそのまま買って撃沈
◎ 結婚6年で妻の浮気が発覚
◎ 財産分与を全額投資するも……
◎ 父子家庭になり全財産90万円

STEP2 4年で1000万円貯める方法
◎ 株式投資の軍資金1000万円を貯める
◎ お金が2倍になるまでの期間がわかる「72の法則」
◎ 本気でやれば、年収の半分は貯金できる
◎ DokGen流 軍資金のつくり方── ①住居費は手取り月収の15%以内
◎ DokGen流 軍資金のつくり方── ②食費は月3万円前後
◎ DokGen流 軍資金のつくり方── ③着るものは全身ユニクロ

STEP3 1000万円からの倍増株式投資
◎ 1年で1000万円が2億3500万円に
◎ ライブドア・ショックで地獄へ突き落とされる
◎ わずか数日で株式資産は吹き飛ぶ
◎ 『会社四季報』の大株主欄に自分の名前が載った
◎ ほったらかしでも運用成績が好転
◎ 勝つときに大きく勝てば2勝8敗でいい

STEP4 資産2億円への「ほっとけ投資」
◎ DokGen流「ほっとけ投資」── ①知っている会社
◎ DokGen流「ほっとけ投資」── ②たぶん倒産しない会社
◎ DokGen流「ほっとけ投資」── ③割安な会社
◎ DokGen流「ほっとけ投資」── ④小さな会社
◎「配当性向」は低すぎても高すぎてもダメ
◎ 卵を1つのカゴに盛れ?
◎「信用取引」という劇薬とのつき合い方

STEP5 サラリーマンが株式投資で勝つ条件
◎ DokGen流 3S+1──借金をしない
◎ DokGen流 3S+1── ②スタディ(勉強)をする
◎ DokGen流 3S+1── ③仕事を頑張る(でも時間は売るな)
◎ DokGen流 3S+1── ④働く伴侶を娶る
◎ 周囲に投資の話はしないほうがい

STEP6 資産2億円からの人生設計
◎ 早期リタイアに必要な「3K」
◎ 配当以外の不労所得「太陽光発電」
◎「死ぬまでに叶えたいリスト」
◎ 保有銘柄を全公開

Epilogue お金に働いてもらう
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル