top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

藤岡弘、「五社協定を超えて仮面ライダーに出演可能になった」

アサ芸プラス

テリー 最近はそのお子さん達と一緒にテレビに出ることも多くて、また今年は「仮面ライダー」が50周年じゃないですか。藤岡さんって常に第一線にいて、失礼な言い方になるかもしれませんけど、忘れられたことがないですよね。

藤岡 自分ではあまり意識してませんが、お声がかかって、おかげでこうやって今も現役でやれることに感謝してますね。その中で自分もいろんな学びをさせていただいて。最近は75にして人生を楽しませていただいてるというか。

テリー そこがほんとにすごいと思うんですけれども。最初に仮面ライダーの仕事が来た時は、どう思われたんですか。

藤岡 いやぁ、あの時はものすごい挑戦というのかな、自分にとってワクワクしながらも不安の中でね。私は松竹映画で新人としてスタートしたんですね。それで何本か青春映画を撮ったんですけど、松竹は女優王国なんですよ。それで、もうちょっと自分の肉体を使うようなアクティブな場所が欲しいと思っていた時にたまたま、ある御恩のある方の紹介で、いろんな関係者に会わせていただいて。

テリー それはオーディションみたいなもの?

広告の後にも続きます

藤岡 ええ。それで仮面ライダーが決まった時はびっくりしました。実をいうと、新人の僕は松竹とまだ契約が残ってたんですね。当時は、五社協定がありまして。

テリー そうか、他の映画会社の作品には出られなかったんだ。仮面ライダーは東映ですもんね。

藤岡 そうなんですよ。だから、そういった意味でも冒険でね。その時に、御恩のある方は何人もいらっしゃるんですが、私のためにご尽力いただいて、水面下で松竹の重役と話し合ってくれたんですね。それがうまくいきまして、五社協定を超えて仮面ライダーに出演可能になったんです。

テリー ほんとに運がいいというか。

藤岡 だから、ものすごく燃えるものがありましたね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル