top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

タレントの聖火リレーと五輪の是非 指原莉乃とロンブー田村淳の違いとは

ニュースサイトしらべぇ

ロンドンブーツ1号2号の田村淳は東京五輪の聖火ランナーを辞退し、指原莉乃は辞退せずに、感染対策を徹底して走った。タレントの聖火リレーやまた五輪はどうあるべきだろうか。


■ランナー辞退の田村淳

田村淳は、聖火ランナーを辞退。その理由としては、当時の大会組織委員会の森喜朗会長の「東京五輪は新型コロナウイルスがどんな形でも必ずやる」という発言に対し、淳が理解できないとし、「延期派」として反応したものだった。

なお淳は、走る予定だった4月5日に愛知県犬山市で、代わりに早朝からYouTubeロケを行っている。


関連記事:辞退続出の聖火ランナーに「走ったって得なことない」 松本人志も「当たり前」

■指原莉乃の対応

他にも多くのタレントが「スケジュールの都合」などとして聖火ランナーを辞退。多くの国民が五輪開催に反対という中、聖火リレー辞退の行動は賛同を得ることができる。

広告の後にも続きます

そのような中、行動が常に注目されインフルエンサーともいえる指原莉乃は、聖火ランナーを敢行。ただし指原は、「ファンが観ることができない場所」を走った。

熱心なファンへの対応を危惧する指原は、「顔を知っている方がそこで待っていたらとても悲しい」と、念を押す2回目のツイート。指原は、当日は周囲を3mの幕で囲われながら走った。

■東京五輪中止の経済損失

オリンピックをやろうと強く主張する立場が存在するのは、結局はこれも経済問題に帰すると思われる。しかし、この経済効果の計算もいくつかの立場が存在するのだ。

無観客でも五輪を開催すれば、中止するよりは被害が小さくて済むとする立場。一方で、コロナ禍前の時点で既に、経済効果の大部分は反映されており、海外客なしで実施するならば中止にしてもさほど変わらないとする立場も有力だ。


■転々とする叩きの標的
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル