top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

暴風、雪崩をもたらすことも!知っておこうメイストーム

防災ニッポン

メイストームをもたらす低気圧のエネルギー源は、先述の通り冷たい空気と暖かい空気です。冷たい空気は中国大陸から、暖かい空気は太平洋からやってきます。規模の大きな空気がぶつかり合うため、暴風の範囲も広域になります。

加えて台風は接近してから急に風が強まりますが、メイストームの場合は温帯低気圧が接近する前から風が強まります。暴風の吹く期間が長期化するので、海岸では高波による被害の恐れもあります。

また温帯低気圧の接近前後は、以下のような現象が起こります。

①低気圧が接近する前は、強い南風が吹いて気温が上がる
②低気圧が通過すると、強い北風に変わって気温が下がる

このように風向きと気温が大きく変化します。そのため、山沿いでは低気圧が通過する前に気温が上昇して雪崩が起きるおそれがあります。そして低気圧が通過した後には、山沿いや北日本を中心に猛吹雪になることがあります。

広告の後にも続きます

つまりメイストームによる被害は単に暴風・高波だけではありません。低気圧の接近によって風向きや気温が急変化し、それによって備えるべき災害が山沿いや海沿いなど地域ごとに変わる点にも注意する必要があります。

山と海のレジャーのときはメイストームを要チェック!

メイストームで特に気をつけてほしいのは、山や海のレジャーです。
山では暴風雪や雪崩に巻き込まれるリスクに加えて、大雪によって下山できなくなることもあります。いずれも命にかかわりかねません。
海では暴風や高波に巻き込まれるリスクや、低気圧の通過前後で南風から北風に変わるので、場所によっては一気に暴風が吹き出すこともあります。気温差も大きいです。

メイストームが予想されると、数日前から気象情報で注意を促す発表があります。また週間天気予報を見ると、メイストームが予想される日は雨予想となり、最低気温や最高気温も前後で大きく変わります。このように週間天気と気象情報から早めにメイストームの予想ができます。

春は穏やかな天候も多く、何をするにも気持ちがいい季節です。大型連休を使ってレジャーの計画を立てる人も多いでしょう。
しかし、メイストームによって短時間で天気が急変することもあります。天気が急変してからでは避難することができません。計画を立てていたとしても断念する勇気を持ち、山や海には近づかないようにしてください。

メイストームの最中にあるときは、気象庁の注意報・警報などの情報やニュースサイトの避難情報などをこまかくチェックし、身に危険を感じるときは早めに避難してください。

<執筆者プロフィル>
田頭 孝志
防災アドバイザー/気象予報士
愛媛県在住。防災士。不動産会社の会員向けの防災記事、釣り雑誌のコラム、特集記事を執筆。BS釣り番組でお天気コーナーを担当。自治体、教育機関、企業の防災マニュアル作成に参画。講演も多数。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル