top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

暴風、雪崩をもたらすことも!知っておこうメイストーム

防災ニッポン

ニュースや天気予報などで「メイストーム」という言葉を聞いたことはありませんか?
5月ごろの気象には、メイストームと呼ばれる春の嵐があります。メイストームは大雨や暴風、猛吹雪などをもたらし、台風以上の威力になることもあります。
この記事では、春から初夏に気をつけたいメイストームのメカニズムや、防災について紹介します。

「メイストーム」とは「春の嵐」のこと

メイストームの「メイ」はMay(5月)、「ストーム」はStorm(嵐)のことです。直訳すると「5月の嵐」のことですが、一般的には3月から5月にかけて発生する春の嵐を、メイストームと呼んでいます。

メイストームをもたらすのは「温帯低気圧」と呼ばれる低気圧です。温帯低気圧そのものは季節を問わずあり、珍しくはありません。しかし3月から5月に日本にやってくる温帯低気圧には急速に発達するものもあり、それが台風並みの強さになることもあります。この発達した温帯低気圧によってもたらされる大雨・暴風などの荒れた天気が、メイストームなのです。

ちなみに「メイストーム」という名称には意外と長い歴史があります。1954年5月8日に黄海で発生した低気圧に、初めて使われました。

メイストームが春に発生しやすい理由

メイストームでポイントになるのは、発達した温帯低気圧です。
春はたくさんの温帯低気圧がやってきて雨を降らせます。この温帯低気圧は、初夏の暖かい空気と春の冷たい空気のぶつかり合いによって発生します。種類の違う空気がぶつかり続けることで空気が渦巻いて低気圧に成長します。

広告の後にも続きます

春に発生する温帯低気圧のすべてがメイストームをもたらすわけではありません。
温帯低気圧になっても、暖かい空気と冷たい空気の温度差が小さい場合や、暖かい空気と冷たい空気のぶつかり合いが弱い場合は、温帯低気圧はそこまで成長しません。

メイストームをもたらすほどの温帯低気圧に成長するのは、暖かい空気と冷たい空気の温度差が大きい場合や、暖かい空気と冷たい空気のぶつかり合いが強い場合です。その場合、低気圧は発達を続け、メイストームをもたらすほどの温帯低気圧に成長するのです。
春はほかの季節に比べて暖かい空気と冷たい空気の温度差が大きいため、温帯低気圧が発達しやすく、メイストームのような嵐をもたらします。

最近では、急速に発達する温帯低気圧のことを「爆弾低気圧」と呼ぶことがあります。メイストームと爆弾低気圧は混同されやすいですが、メイストームは、低気圧の名称ではなく気象現象の名称です。「爆弾低気圧によってもたらされる嵐がメイストーム」と考えてください。

参考記事:4月に気をつけたい防災キーワード「爆弾低気圧」!

メイストームによる被害

メイストームの特徴は、広範囲にわたって暴風が吹き荒れることです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル