top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

バガテル国際バラ新品種コンクールって??日本人があまり知らない、世界が認めるバラの国際コンクールを完全再現!『ローズメイカー 奇跡のバラ』本編冒頭映像が解禁!

cinefil

フランスが誇る大女優カトリーヌ・フロが主演する、笑って、泣いて、希望の花が咲く、感動の逆転サクセス・ストーリー『ローズメイカー 奇跡のバラ』(5 月 28 日(金)公開)。この度、本編の冒頭シーン映像が解禁されました。

すべてをかけて最後の大舞台に挑む元天才・バラ育種家。
だが頼みの綱は、訳ありなド素人たち・・・!?
愛すべき《はみだし者たち》の人生がいま、花開く!

フランス郊外。あふれる才能と魔法のような指で新種のバラを開発し、数々の賞に輝いてきたエヴ(カトリーヌ・フロ)。だが数年前 から巨大企業のラマルゼル社に賞も顧客も奪われ、亡き父が遺したバラ園は今では倒産寸前に。助手のヴェラが何とか立て直そうと、 職業訓練所から格安で前科者のフレッド、定職に就けないサミール、異様に内気なナデージュを雇う。だが 3 人は全くの素人で手助けどころか一晩で 200 株のバラをダメにしてしまう。そんな中、エヴに新種のアイディアが閃いた! 交配に必要なバラがラマルゼル社のバラ園にしかないと知ったエヴは、フレッドにある“特技”を披露させる。パリの新品種コンクールまであと 1 年、はみだし者たちの壮大な奮闘が幕を開ける──!

エヴに扮するのは、フランスで最も栄誉あるセザール賞に 10 度ノミネート、その内『偉大なるマルグリット』他で見事に 2 度受賞、大ヒット作『大統領の料理人』でも知られる国民的大女優のカトリーヌ・フロ。色、形、香りと、究極の美を追求する本物のプロフェッショナルを、ユーモアと情熱を込めて演じきった。監督はセザール賞短編賞をはじめ、数々の賞に輝くピエール・ピノー。 住む世界の違う者たちが、ありえない出会いから、それぞれの生き方を変えていく。誰かと繋がることで、人生はいつでも幾度でも花開く。エンドロールですべての人が大輪の希望の花を受け取る、感動の物語!

THE ROSE MAKER © 2020 ESTRELLA PRODUCTIONS ‒ FRANCE 3 CINÉMA ‒ AUVERGNE-RHÔNE-ALPES CINÉMA https://movies.shochiku.co.jp/rosemaker

広告の後にも続きます

本編冒頭シーン解禁!
バガテル国際バラ新品種コンクールって??

この度、公開に先駆けて本編の冒頭シーンを解禁されました!
解禁された映像は、主人公のエヴ(カトリーヌ・フロ)が、バガテル国際バラ新品種コンクール会場に車で優雅に到着…したかと思いきや、バタバタと会場に急ぐシー ンから始まります。「ヴェルネ・バラ園です」を受付で名乗り出るエヴ。受付に「ブースは…」と聞かれ「今年は無しです。」と事務員に無下にされ「説明しました。予算が …」と耳打ちをされてしまう。パリのバガテル公園で開催されるコンクールが忠実に再現された本作。そんな香り立 つ様なバラが満開のコンクール会場でコミカルな会話が繰り広げられ、前途多難なエヴのこれからが気になる本編冒頭シーンとなっています!

「ローズメイカー奇跡のバラ」本編冒頭映像

本作で描かれるこの国際品種コンクール。エヴがなんとし ても入賞を果たしたい、その名誉とは一体どんなものなのでしょう。日本でヘッドガーデナー&ブリーダーとして京成バラ園で活躍されている、村上敏さんにお話を聞きまし た。

Q バガテル国際バラ新品種コンクール。育種家にとってどのような存在?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル