猫に絶対やってはいけない2つの叱り方と対処法
猫に絶対やってはいけない2つの叱り方と対処法
猫を褒める時は、どうすれば良いのかご存知ですか?ただ褒めるだけでは猫には伝わらない時もあります。猫を上手に褒める方法と叱らない為の対策法を紹介します。

猫にやっちゃダメ!な叱り方

人間にとって困る行動の多くが、猫の習性でしかないのです。なので、猫には叱ってもまた同じ事を繰り返したり、間違った怒り方では人間を恐れてしまいます。

目を合わせて怒る

間違った怒り方は、目を合わせて怒る事です。猫が目を合わせるのはケンカの時です。無理に目を合わせて睨んだりすると、威嚇されていると感じ怯えてしまいます。

叩く、蹴る

そして、叩いたり蹴ったり等は絶対にいけません!手を上げるだけで怖がってしまう猫になります。飼い主に恐怖を感じて信頼関係も壊れてしまいます。

猫を叱らない為の対策法

物が落ちる仕掛けにする

部屋の中など、猫に乗られたくない場所もあると思います。猫は高い場所が好きなので乗って困る場所には音のなる仕掛けを置くと良いでしょう。また、乗ると足元が崩れるように仕掛けておくのもいいと思います。

霧吹きで水をかける

猫が困った行動をした時に、猫の嫌いな水を霧吹きでかけるのも効果的です。猫に気付かれない様に水をかける事が大事です。目の前でやると「嫌な事をする人」と思い込んでしまうので逆効果になります。

乗って欲しくない場所に両面テープを貼る

机や扉等の猫に乗ったり開けたりされたくない所には両面テープで対策しましょう。触るとベタベタとして嫌な場所になるので近づかなくなると思います。

猫の上手な褒め方

猫も人間と同じく、感情があります。褒められたら喜び、叱られると悲しい気持ちになります。だからと言って、犬のように飼い主に褒められたくて何かをするという事はありません。猫をしつけるには、叱るより褒める方が効果的とも言われています。猫の上手な褒め方を紹介します。

褒めながら撫でる

猫は、撫でられると気持ちいい部分があります。褒める時に、「いい子だね」等の褒め言葉をかけながら頭や喉の下や耳の後ろを優しく撫でましょう。

大袈裟に褒める

猫を褒めるのは、飼い主とのいい関係を築く為でもあります。猫は何が良くて何が悪いなどわからないので、褒める時のリアクションを、大袈裟にする事で猫が褒められたと感じてくれます。淡々とした口調よりも、猫に伝わるようにたっぷり褒めてあげましょう。

すぐに褒める

猫を褒める時に気をつけるのは、良いことをしたらすぐに褒めるのが大事です。時間を開けて褒めても、猫には何で褒められたのかわからず次に結びつきません。

ご褒美をあげる

ご褒美をあげる事で、猫のやる気を刺激します。好物のフードやおやつ、おもちゃを使って一緒に遊んであげるのも効果的です。良い事をするとおやつが貰えると学習します。

まとめ

猫は叱るよりも、褒めて伸ばしましょうという人もいます。猫の習性を変えることは不可能に近いと思います。しつけることも大事ですが、まず叱らない為の環境作りが大事です。また、間違った叱り方は信頼関係が崩れるので気を付けなければ行けませんね。そして、褒める時は猫が喜ぶような事をしてあげるのが効果的ですね。

(更新日:2018年7月22日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(ペット)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME