top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

国分太一、病気で1カ月入院した過去「デスモイドっていう恐ろしい名前」

SmartFLASH

 

 TOKIOの国分太一が、4月30日放送の『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にゲスト出演し、1カ月ほど入院して手術したことを語った。

 

 国分はナインティナインと『24時間テレビ』(日本テレビ系)のロケでクワガタ獲りに行き、ハチに刺されるなど大変な目にあったことがあるという。矢部浩之が「国分さんもけっこう体調壊したり」と話すと、岡村隆史が「それもあんま発表せえへんかったもんな、実は」と国分に話を振った。

 

広告の後にも続きます

 

 国分が1カ月以上入院したときの病名は「デスモイド(腫瘍)っていう恐ろしい名前」で、「良性だったのでよかったですけど。こぶしぐらいの腫瘍が右の腹筋にできて、それを摘出しなければいけなかった」と説明。「病院から『ゴチになります』に参加したりとかして」と回想した。

 

 岡村は自身が痔になったことを明かしつつ「意外と我々、ボロボロの体でロケやってた」と振り返っていた。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル