top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

髙橋大輔、レビュー仕立てのアイスショー『LUXE』に挑む心境を語る

SPICE


フィギュアスケートと歌舞伎のコラボレーションを実現させた『氷艶hyoen2017 ‐破沙羅‐』、『源氏物語』の世界を氷上に描き出した『氷艶hyoen2019 ‐月光かりの如く‐』と、新感覚のアイスショーを作り出してきたチームが再集結して送る『LUXE』。アイスダンスの現役選手としても活躍する髙橋大輔が光の国の王子に扮し、世界を巡るというレビュー仕立ての作品だ。髙橋大輔に作品への意気込みを訊いた。

ーー<氷艶>シリーズも第三弾となりました。

俳優や歌手の方々、アンサンブルの方々もスケート靴を履いて滑る、そして、僕たちスケーターも歌ったり踊ったりお芝居したりするというところで、お互い新しいチャレンジをしているところが、他の舞台にはない<氷艶>の特色です。今回も、前2回同様、プロジェクションマッピングでチームラボさんに入っていただきました。これだけ氷の上にプロジェクションマッピングを映しながらその上でいろいろ演技するというのも、他のアイスショーではなかなかない、<氷艶>ならではのおもしろさなのかなと思います。


リモートインタビューより 


ーー今回はレビュー仕立てということで、さまざまな国、地域を巡る<光の国の王子>を演じられます。

広告の後にも続きます

前回はお芝居がけっこうメインだったんですが、今回は表現がメインという感じで、セリフもそこまで多くはなくて。スケーターも、他の演者の方々も、それぞれ何役か演じますが、スケートで国や地域の違いだったりというところを表現するというのはチャレンジですし、おもしろい試みだなと思っていて。ブラジルやスペイン、パリにニューヨークなどさまざまな場面があるので、短い間に気持ちを切り替えなくてはいけないというのがけっこう難しいのかなと。今まではずっと同じ役を演じるという経験をしてきましたが、どんどん切り替えてやっていく場合があります。ずっと同じに見えてしまうとおもしろくない。そこをどう違う風に見せるかといったところはチャレンジですし、成功すればすごくおもしろくなるだろうなと思います。けっこういろいろな人と組んで滑るシーンがあるので、その都度、雰囲気も変えていきたいなと。ちょっとBLチックなシーンもありますし、スペインの場面ではマタドールも演じますし、アイスダンスでパートナーを組んでいる村元哉中さんと組んで踊る場面もあって、そこに、平原綾香さんが作られたすばらしい主題歌や、柚希礼音さんのニューヨークの場面のかっこいいパフォーマンスも入ってくるんです。

ーー今回新たに構成・脚本・演出で参加されている原田諒さんは、レビューの伝統をもつ宝塚歌劇団の演出家です。そして、監修・演出の尾上菊之丞さんは、今回の作品で諸国を巡る王子の姿と、髙橋さんのスケーター人生とが重なり合う部分があるのではないかということを、取材の際におっしゃっていました。(尾上菊之丞&原田諒&宮本賢二が創る、レビュー仕立てのアイスショーとは 『LUXE』インタビュー https://spice.eplus.jp/articles/284345 )

僕自身、宝塚の作品は、原田さん作・演出の『For the people -リンカーン 自由を求めた男-』を観ましたが、“ザ・宝塚”なレビューは観たことがないので、その意味でも、今回、僕にとって初めての体験になっています。タイトルである『LUXE』にも込められていますが、何を信じるのか、信じたものに一番価値があるということは、僕自身、一度現役を引退して、また現役に復帰するときに、自分はフィギュアスケートというものに軸をもってやっていきたいし、これからできるだけ長い間そうしていきたいという思いがあったんです。いろいろな経験もさせていただく中で、やはり自分の信じるものがひとつないと、次にも進めないですし、何を選択したらいいかもわからない、いろいろな評価に押しつぶされそうにもなる。そういったところで、僕自身はやっと信じるものを見つけて前に進むことができた。『LUXE』には“贅沢”という意味がありますが、自分が今、生活している中で何が大切か、何が自分の心を豊かにしてくれるかということを自分自身感じながら日々過ごせているので、すごくタイムリーな演目だなと思っています。そのあたり、自分自身のそのままの気持ちで挑めばきっとお客様に伝わるんだろうなと思いますし、僕のそういった気持ちを見抜いてこういう演目を作ってくださっているところにすごく感謝しています。原田さんは前2回の公演も観に来て下さっていて、<氷艶>がどういうものなのかご存知な上で今回参加されている。宝塚での経験をどうプラスアルファして<氷艶>を変えていってくださるのか、楽しみです。一回目は松本幸四郎さん(当時は市川染五郎)が参加されていて、歌舞伎のよさが取り入れられた作品でしたし、前回は宮本亜門さんの演出でまたおもしろいものができた。毎回全然カラーが違うので、今回、原田さんがどう料理してくれるのか、すごく楽しみです。


稽古の様子


ーー他ジャンルの方々とのコラボレーションを通じて、ご自身の表現への影響を何か感じるところは?

実際、どれがどうプラスになっているかということを僕自身で感じるのはすごく難しいんですが、ただ、これまで経験してきたことは絶対プラスにはなっていると思います。一回目は歌舞伎の世界を見せていただいて、歌舞伎の形、歌舞伎役者さんのあの迫力といったものがすばらしいなと、一緒にやらせていただく中で感じて。幸四郎さんは本当に忙しい方で、舞台をやりながら深夜にこちらの稽古に来られて、次の日はまた舞台に立たれて。その体力のすごさに、疲れたとか言っていられないなって。エンターテインメントに人生をかけている姿勢のすばらしさに感動しました。前回は初めて歌とセリフに挑戦したんですが、自分自身、芝居をしてみてどう感じるのかそれまでわからなかったのが、挑戦してみて、やはり、お芝居することがすごく好きなんだということに気づいて。できるかできないか、上手い下手は別ですよ(笑)。けれど、自分はやはりこういうエンターテインメントの世界を目指していきたいんだなということに改めて気づかせてもらえた。そうやっていろいろなものを吸収してきて、今回のレビュー仕立てのアイスショーも、またひとつ何か自分にとっての気づきを与えてくれる作品になるんだろうなと思っています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル