top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

これぞ「朝礼のネタ本」にピッタリ! 有名人の仕事論、人生論が並ぶ

J-CAST会社ウォッチ

そして、根本に「魔」がない限り、創業者にはなれない、とも。

NHKの大河ドラマ「青天を衝け」の主人公、渋沢栄一は旬の人だ。ふだん本を読まない従業員でも、大河ドラマは見ているだろう。城山さんの名前は省いて、さも自分が知っているように話せば、あなたを見る目も変わってくるに違いない。

「一風堂」創業者の自分との約束

飲食店で働く人には、こんなメッセージはどうだろう? ラーメン店「一風堂」創業者で力の源ホールディングス社長の河原成美さんの「内なる自分と信頼関係を築く」という言葉だ。

河原さんは会社をクビになり、親にも半ばあきらめられ、自分が生きる道を模索したそうだ。芝居だと思ったが、芝居だけでは食べていけない。大学時代にいくつかの飲食店のアルバイトを経験し、商売に対する好奇心があり、商売を始めた。そして、自分に対して、決め事を3つ作った。

・ 3年間は休まない
・ 売り上げゼロの日をつくらない
・ 35歳までには天職に出会う

結果として、河原さんは3年間、一日も休まずに店を開け続けた。飲み過ぎた日もあったが、休まなかった。

広告の後にも続きます

そして3年後、「河原成美もやればできるじゃん」と自分に自信を持ち、そこから人生の扉が開いていったと感じたという。

従業員のモチベーションを上げるには、成功した有名店の創業者のエピソードを披露するといいだろう。

監修者の藤尾秀昭さんは、致知出版社の代表取締役だ。「一道を真剣に生きた人々が語る言葉は、一様にいぶし銀のような光沢を放ち、色とりどりだった」と「あとがき」に書いている。

朝礼に使わずとも、読むだけで、人生が前向きに感じられる効用がある。カロリーが高い本だ。(渡辺淳悦)


「1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書」
藤尾秀昭監修
致知出版社
2585円(税込)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル