top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

これぞ「朝礼のネタ本」にピッタリ! 有名人の仕事論、人生論が並ぶ

J-CAST会社ウォッチ

【5月の特集 朝礼のネタ本はこれだ!】会社で朝礼があり、毎日何かを話さなければならない役職者にとって、ネタ探しは大変だろう。そんな人のために、5月の特集は「朝礼のネタ本」を随時紹介していきたい

「朝礼」をタイトルに掲げた本もあるが、雑学系の本が多いようだ。もっと社員の心に突き刺さるような内容の本はないのか? そう思っている人にピッタリなのが、本書「1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書」(致知出版社)である。

月刊誌「致知」の40年分を超すバックナンバーから精選した、仕事論、人生論のインタビュー集。登場するのは、稲盛和夫、城山三郎、王貞治、山中伸弥…… といったビッグネームの人たちだ。

「1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書」(藤尾秀昭監修)致知出版社

道場六三郎さんが修業時代に思っていたこと

一人1ページに365日分が収められているので、読みやすい。「頑張ろう!」という内容のメッセージがたくさん収められている。

銀座ろくさん亭主人の道場六三郎さんは、こう書き出している。

「修業時代、いつも僕は思っていた。
 『人の二倍は働こう』
 『人が三年かかって覚える仕事を一年で身につけよう』
 ってね」

広告の後にも続きます

そのために道場さんは、ネギを切る時、人が2本持って切っていたら、3本持ってやったという。さらに違う野菜でもやったそうだ。

朝礼とは、基本、今日も一生懸命働きましょうということを社員、従業員で確認する作業だ。しかし、抽象的な内容では、心に刺さってこない。誰でも知っている有名人のエピソード、言葉を引用することで、グッと伝わることだろう。

ちなみに、この道場さんの文章のタイトルは、「仕事にも人生にも締め切りがある」。最後は、こう結んでいる。

「それに間に合わせるためには、時間を無駄にせず何事もテキパキとこなさないと。これはどの仕事にも言えるんじゃないかなあ」

「渋沢栄一は三つの『魔』を持っていた」

自分の体験を語っている人もいれば、先人のことを紹介している人もいる。作家の城山三郎さんは「渋沢栄一は三つの『魔』を持っていた」というタイトルで書いている。さすが、作家だ。「論語と算盤」という著書で有名な明治時代の実業家、渋沢栄一に対して、「魔」というマジックワードを結び付け、意表を突いている。

その「魔」とは? 吸収魔、建白魔、結合魔だという。

「学んだもの、見聞したものをどんどん吸収し、身につけてやまない。物事を立案し、企画し、それを建白してやまない。人材を発掘し、人を結びつけてやまない」

それを普通にやるのではなく、とことん徹底して、事が成るまでやめない。そういう情熱、狂気を城山さんは「魔」と呼んでいる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル