top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日産 ルークス完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

MOBY

日産 ルークスとはどんな車?

デイズは日産が販売する4人乗りの軽スーパーハイトワゴンです。

三菱が販売するekスペース/ekクロススペースの共同開発車となっており、三菱が製造をおこなっています。

デビュー当時は「デイズルークス」という車名で販売されていましたが、2020年3月のモデルチェンジより「ルークス」に車名が変更されています。

デイズ同様、日産の先進運転支援システム「プロパイロット」を搭載しレーンキープや前者追従など、ドライバーの負担軽減をアシスト。

そのほかにも、急病時や危険を感じたときに専門オペレーターが警察や消防への連携をサポートする「SOSコール」を用意。万が一の事故発生時にも、専門オペレーターが警察や消防との連携をサポートします。

広告の後にも続きます

デイズよりも全高が高く、最大1,400mmの室内高は軽自動車ながら圧迫感を感じさせません。大人4人が窮屈さを感じないゆとりのある室内空間となっています。

おすすめグレード

ルークスのグレード構成と車両価格

2021年4月時点で販売されているルークスのグレード(特別仕様車を除く)は以下表のとおりです。

グレード名車両価格(税込)
S1,415,700円~
X1,546,600円~
ハイウェイスターX1,734,700円~
ハイウェイスターGターボ1,823,800円~

外観はノーマルとハイウェイスターの2種類

ルークスはノーマルデザインのほか、スタイリッシュさを強調した「ハイウェイスター」も選ぶことができます。なお、ターボ仕様やプロパイロットエディションはハイウェイスターに設定されています。

プロパイロット搭載モデルは「ハイウェイスターXまたはG」

ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディション

ハイウェイスターのターボ、ノンターボ仕様で、プロパイロットを搭載した「プロパイロットエディション」を選択できます。プロパイロットエディションを選ぶと約11万円の価格アップとなります。

しかし、プロパイロット以外の関連安全装備・運転支援システムである「インテリジェントアラウンドビューモニター」「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」、さらに両側オートスライドドアも標準装備となるため、かなりお得なセット内容といってよいでしょう。

ハイウェイスターXのオプションで両側オートスライドドアを選ぶのはちょっと損かも

プロパイロットエディションとの価格差を考えると、「ハイウェイスターX」にオプションで両側オートスライドドアだけを付けるよりも、「ハイウェイスターX プロパイロットエディション 」を選んで、プロパイロットなども一緒に装着したほうがお得かもしれません。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル