top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

永山瑛太“紘一”が心に秘めている「北川景子“咲”と結婚した理由」に「離婚は諦めて」の声

テレビドガッチ


北川景子が主演を務めるドラマ『リコカツ』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第3話が、4月30日に放送。インターネット上では旅行をきっかけに深まっていく咲(北川)と紘一(永山瑛太)の仲が話題になっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

現代的で自由な家庭で育った自分に正直な女性・水口咲(北川)と、厳格な自衛官一家で育った航空救難団のエース隊員・緒原紘一(永山)が“交際ゼロ日”でスピード結婚。そんな2人を中心に、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女のもめ事を「リコカツ」というキーワードを通じて描いていく“離婚するかもエンターテインメント”。

ある日、咲と紘一は、離婚届を残して出て行った紘一の母・薫(宮崎美子)が箱根の温泉旅館にいることをインスタグラムで突き止めた。早速、父・正(酒向芳)に迎えに行くようお願いするも、頑固一徹拒否し続けたため、2人で様子を見に行くことに。そこで生き生きと働く薫を目にした紘一は、今まで知る母親の姿とあまりに違うことに戸惑ってしまう。

帰る間際、紘一は薫から「1人で生きていくと決めたから、自立した証にけじめを付けたかった」と家を出た本当の理由を聞かされた。妻でもなく母でもない1人の人間としての場所を求めていたという薫は「今、本当の自分の人生を生きているようでとても楽しい」と笑顔を見せた。すると紘一は、納得はできないとしながらも、涙を拭って「今の母さん、いい笑顔だ」と笑いかけ、薫に応援すると伝えた。一方咲は、紘一と話を終えた薫から「やっぱり咲さんは紘一の運命の人だわ」と、紘一がまだ咲に明かしていない「結婚した本当の理由」を聞いてしまった。

紘一の実家に帰って事の次第を説明するものの、正には到底受け入れがたく、薫を連れて帰れなかった紘一を頭ごなしに責めた。隣にいた咲は、思わず間に入って紘一を庇うが、怒りの収まらない正からものすごい剣幕で追い返されてしまった。

帰り道、言い過ぎたことを反省する咲は「紘一さんが責められているのを黙って見ていられなくて……。だって私、まだあなたの妻だから」と告げると、紘一は我を忘れて咲を後ろから抱きしめた。戸惑いつつもそれを受け入れて振り向く咲に、ハッと我に返りぎくしゃくしてしまう紘一だったが、優しく咲を包み込んだ。

ネット上では、年齢にかかわらず第2の人生を謳歌する薫に対し「とても理解できる」と共感する声や、夫婦の価値観の違いを改めて考える声が上がっていた。

また、紘一が結婚した理由が明らかにされると「とても素敵」「めちゃくちゃ良い」と賛同する声や、「離婚は諦めて」と願うコメントも多く見られた。

次回、第4話は5月7日放送。家に帰ると、咲の元カレ兼、紘一のジム仲間という貴也(高橋光臣)が現れて……!?

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル