top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ハライチ岩井の出演にファンニヤリ「ラジオ好きをくすぐるオマケが毎回楽しみ」『生きるとか死ぬとか父親とか』

テレビドガッチ


吉田羊と國村隼が親子役でW主演を務めるドラマ24『生きるとか死ぬとか父親とか』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第4話が、4月30日に放送。インターネット上では、変わりゆく東京の街に感じる寂しさの描写、そして本人役で登場した岩井勇気(ハライチ)の姿に反響が相次いだ(以下、ネタバレが含まれます)。

ラジオパーソナリティ・コラムニスト・作詞家と多彩な顔を持ち、女性からの圧倒的な支持を集めるジェーン・スーが自身の家族の出来事と思い出を描いた同名のエッセイが原作の同ドラマ。主人公・蒲原トキコ(吉田)とその父親・哲也(國村)が織りなす、おもしろ可笑しくて、ときどき切ない家族のドラマが描かれる。

両親との思い出が詰まった銀座を代表する老舗タウン誌「銀座百点」に、トキコのエッセイが掲載されることに。トキコは掲載誌を探して、哲也とともに久しぶりの銀ブラに出かける。

すぐ見つかるだろうと楽観する二人だったが、置いている店がなかなか見つからない。思い出の店を探すも、すでに無くなったり、移転してしまっていたり。昔とすっかり様変わりした銀座の街角にたたずみながら、トキコは「私たちの知っている銀座ではない」と、心のなかで一抹の寂しさを覚える。

その後、かつての馴染みの店にたどり着いた二人。哲也は常連気分で店員に話しかけるが、まるで相手にされない。店員は後からやってきた裕福そうな老夫婦を見つけると、駆け寄ってペコペコ。そんな光景を見ながら、トキコはありし日の母(富田靖子)の面影を思い出す。

もしもまだ母が生きていたら、あんな風に素敵に年齢を重ねていただろうか。父の商売が失敗せずに、あのままうまく行っていたら、私たちは豊かな暮らしを続けていただろうか──。いくつもの「もしも」が、トキコの頭のなかをかけめぐる。

「あったよ」という哲也の声に、我に返るトキコ。その手には、探していた「銀座百点」が。ほっとした二人は、少し早めの夕食を取ろうとそば屋へ向かうが、すでに店は無くなっていた。悲しそうな表情を浮かべる哲也を元気づけ、トキコは通り道にあった居酒屋へ向かう。店内に入ると、カウンターにスマホで愛猫・モネを愛おしそうに眺める岩井の姿が。トキコもそれに目を細めながら、岩井を自分のラジオに誘う。

席につき、トキコのエッセイを読む哲也。自分と妻との馴れ初め話を懐かしそうに眺めるが、「ここ、間違ってるよ」と、エッセイのある部分を指摘する。哲也の口からは、トキコも知らなかった、両親の恋の思い出が語られて……。

ネット上では、自分の好きなお店がなくなっていた時に感じる切なさや、都会の変化スピードを憂う声が上がる一方で、ノスタルジーを掻き立てる描写に「いい雰囲気のドラマ」と共感する声が。本人役で登場した岩井の出演に対しても「ラジオ好きをくすぐるオマケが毎回楽しみ」と楽しんでいる様子がうかがえた。

次回第5話は、5月7日に放送。エッセイがネタ切れになってきたトキコは、東(田中みな実)に提案され、哲也と動物園へ出かけるが……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル