top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

母の日ギフトの新トレンド!? ポットに花が咲く「工芸茶」の魅力とおすすめ3品

macaroni

教えてくれるのは……

▲全国でもめずらしい工芸茶の専門店「CroesuS(クロイソス)銀座店」、スタッフの原田さん

そもそも工芸茶とは?

原田さん(以下、原田):
工芸茶とは、茶葉で花を包んで作られた芸術品のようなお茶のことです。1986年、中国でも上質な茶葉の産地として知られる安徽省黄山(あんきしょう こうざん)で茶農園を営む汪芳生(おうほうせい)氏によって考案されました。

見た目の美しさはもちろん、お茶そのものの味わいも高く評価され、中国政府の国礼茶(外交のために、国を代表して他国に贈られるお茶)にも選ばれたほどです。当店は日本で唯一、汪氏の工房のお茶を販売しています。

飲んだあとも!工芸茶のさまざまな楽しみ方

広告の後にも続きます

▲動物などをかたどった、お湯を注ぐ前の茶葉

原田:
工芸茶の魅力は、お湯を注いだ瞬間から飲んだあとまで、五感でいろいろな楽しみ方ができるところです。茶葉が開いていく様子、お茶が抽出される過程など、眺めているだけで自然と心まで穏やかな気持ちになるんです。まさに癒しの時間だと思います。

▲毎日水を替えれば、4〜7日程度(種類による)楽しめる

原田:
成分を抽出したあとの茶葉は、水に移して「水中花」として楽しめます。生花の贈り物も良いのですが、贈った方がたまたま数日家を空けてしまっていたりするとお手入れが大変ですよね。

工芸茶であれば、好きなときに楽しんでもらえるので、贈り物としても心遣いを感じます。

▲店内には、さまざまな工芸茶がずらり

原田:
一年のなかで、母の日のギフトに利用されるお客様が一番多いですね。ほかにも、ブライダルのお祝いやプチギフトとしても人気です。ギフトでもらって感激し、買いに来る方も多くいらっしゃいます。

最近では、ティータイムやリモートワーク中の飲み物にと、ご自分用に買われる方も増えました。

とってもカンタン!工芸茶のおいしい飲み方

TOPICS