top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鉄道会社の『感染対策』に称賛の嵐 「素晴らしい発想」「これはかっこいい」

grape [グレイプ]

2021年4月25日、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の感染拡大を受け、三度目となる緊急事態宣言が4都府県を対象に発令。

また同月30日に、東京都の要請によって、JR東日本や首都圏の大手私鉄が朝の通勤時間帯の減便を行いました。

大型連休であるゴールデンウイークに外出する人を減らすことを目的とした減便ですが、仕事などで外出を余儀なくされる人は少なくありません。

減便の初日から、ネットでは「減便の影響で駅や電車内がさらに『密』になっている」「逆効果ではないのか」といった意見が多数上がりました。

銚子電気鉄道、社用自らが運転し電車を増便

同月28日、千葉県の銚子駅と外川駅を結ぶ銚子電気鉄道株式会社が、ウェブサイトやTwitterを更新。

広告の後にも続きます

ゴールデンウイークの期間である同年5月1~4日に、利便性の向上を目的として4往復の臨時列車を増便することを発表しました。

ネットからは、発表された臨時便の運転手に驚く声が上がっています。

なんと、銚子電気鉄道の代表取締役社長自らが電車を運転し、増便をすることに!

千葉県が緊急事態宣言の対象地域ではないため、ゴールデンウイークに帰省や旅行をしに来る人もいるでしょう。

電車を増便することで『密』を回避し、少しでもコロナウイルスの感染対策をするように工夫したのです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル