top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ゆるく、あざとく、淡々と。働くオトナ女子のモヤモヤ解消術

BOOKウォッチ

働くオトナ女子のためのゆるっと習慣(学研プラス)<amazonで購入>

 「働き女子」という言葉には「バリバリ」「キラキラ」したイメージがある。

 しかし、働くオトナ女子の日常には「仕事のやる気が出ない」「定時に帰れない」「上司が理不尽」「自分の時間がない」……など、モヤっとするあれこれがつきもの。モヤモヤにフタをして、バリバリ頑張らないといけないのだろうか?

 そんなモヤモヤが尽きない働き女子にピッタリなのが、女性起業ビジネスプロデューサー・米山彩香さんの著書『毎日のモヤモヤ プチストレスが すーっと消える 働くオトナ女子のためのゆるっと習慣』(学研プラス)。本書は「会社に振り回されないゆるい生き方のコツ」37点を収録した1冊。

 「いまのあなたのまま、ちょっとだけ肩の力を抜いて、ストレスフリーな毎日を手に入れるための”ゆるっと習慣”をまとめました」

本当の自分を見つけた

 米山さんは、大手電機メーカーの会社員に始まり、外資系臨床開発会社、特許事務所、法律事務所を経て、現在に至る。3年以上在籍した職場はないという。

 会社員時代、大学院に通いながら弁理士を目指すも挫折。その経験と、大学院での研究成果や知見をもとに、行動の時短追求、徹底したムダの排除を実践。どの職場でも仕事のスピードを評価されたが、会社員の働き方に疑問を感じたそう。

広告の後にも続きます

 そして昼休みの30分から副業を始め、会社員の収入を超えたことをきっかけに起業。事務所なし、従業員なしで独立1年目から億単位の売上を出したという。

 会社や上司のムチャ振りを「大丈夫です!」「わかりました!」と笑顔でやり過ごさなければいけないモヤモヤ感。ガマンを重ねるうちに芽生える「会社なんてこんなもの」「働くってそういうこと」というドライな感情。そして「夢や希望なんて持てない」というあきらめの境地……。

 こうしたモヤモヤが蓄積し、「大企業を飛び出して本当の自分を見つけた女性起業家」になった米山さんだが、本書は退職や起業に向けて背中を押すものではない。

 「働くオトナ女子が抱えるそんなダークサイドの感情にフタをせず、働くうえで生じるあれこれの問題を”ゆるっと”かわしながら、毎日を気ラクに楽しむためのヒントをお伝えしています」

ゆるっとした目標を立てる

 「私はいま、一日にたった2時間働くだけで、十分な収入を得ています」という米山さん。いったいどんな仕事術を駆使したら、そんなことが可能なのか。そこも非常に気になるが、本書は具体的な仕事術というより、”ゆるっと”働くための37のアイデアを6つの分野にわたり紹介している。

■目次
 CHAPTER1 ”仕事のモチベーション”をゆるっと!
 CHAPTER2 ”仕事の段取り”をゆるっと!
 CHAPTER3 ”人間関係”をゆるっと!
 CHAPTER4 ”生活習慣”をゆるっと!
 CHAPTER5 ”お金の使い方”をゆるっと!
 CHAPTER6 ”自分磨き”をゆるっと!

 ここではCHAPTER1の「すぐに叶いそうな小さな目標を立てよう」を紹介したい。

 年始に夢や目標を手帳に書き込んでも、結局、多忙な日常に埋もれてしまう。働きながら夢や目標を持ち続けるなど、よほど意志が強くなければできない気がするが、そこまで身構えなくていいようだ。ポイントは「なるべく目標設定は低めに」としている。

 「小さな目標をひとつひとつ積み重ねることで、その先の目標が自然と見えてきて、やがて、最初の時点からすれば大きく見えた目標にも近づける。(中略)無理じゃないゆるっとした目標を立てて、ひとつずつ進めれば、物事はきっと進んでいきます」
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル