top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

夢とロマンがつまった漫画のような巨大おにぎり 4つの具材が大集合していた

ニュースサイトしらべぇ

日本人にとってソウルフードと呼べる存在のおにぎり。コンビニやスーパーなどでも販売しており、われわれの食生活に深く浸透している日常食といえる。

先日、リーズナブルな弁当がウリの「デリカぱくぱく 浅草店」に足を運んだところ、さすがに「日常食」とは言い難い衝撃のおにぎりを発見した。


画像をもっと見る■安くボリューミーな弁当がそろう

東京・台東区を中心に展開している弁当店の「デリカぱくぱく」。「台東区で一番安いという看板がデカデカと掲げられているように、大盛りご飯と唐揚げなどのおかずがついた弁当が270円で販売されているのだ。

その他には、重さ1kgを超える弁当が734円で販売されているなど、そのボリュームにも定評がある同店。


関連記事:人気弁当店で一際異彩を放つエリアが… お手本のような「ばくだんおにぎり」があった

■異様な存在感の「Bigおにぎり」

広告の後にも続きます

なかでも異様な存在感を放っていたのは、「Bigおにぎり」(626円)という商品。4種類の具材(唐揚げ、高菜、昆布、おかか)が一つに集約されているのだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル