top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

5月に気をつけたい防災キーワード「雹(ひょう)」!

防災ニッポン

5月は高気圧に覆われて晴れる日が多く、特に大型連休のころは行楽日和になることが多いです。
そんな5月に気をつけたい防災キーワードはこちら!

雹(ひょう)

5月は晴れの日が目立つ一方で、強い日差しと上空の寒気の影響で大気が不安定になりやすく、雷や突風、雹(ひょう)などが起こりやすい季節でもあります。中でも特に発生しやすい現象が「雹」です。ときにはピンポン球やゴルフボールほどの雹が降ることもあるんです!そんな大きな氷の塊が落ちてくるわけですから、屋根や車などの被害だけでなく、人がケガをする恐れもあります。
この記事では、雹の特徴や対策について紹介します。

雹はどういうもの?

雹とは、直径5mm以上の氷の粒や塊が降ってくる現象です。似た現象にあられ(霰)がありますが、あられは直径5mm未満の氷の粒が降ってくるもの。氷の大きさによって区別されています。

雹が5月に多く降る理由は、地表と上空の温度差が大きく、積乱雲が発達しやすいためです。この積乱雲が雹を降らせます。
以下でもう少し詳しく説明しましょう。

なぜ5月に雹が多くなるの?

広告の後にも続きます

5月は初夏の日差しで地表付近の気温はどんどん上がりますが、上空には晩冬や春の冷たい空気が残ったままです。冷たい空気は重たく、暖かい空気は軽いため、大気はダルマを逆さにしたような状態になります。
この逆ダルマの状態を「大気が不安定」と言います。そして、この不安定を解消しようとする際に積乱雲が発生するのです。

5月でも氷点下の雲の中には氷の粒ができます。雲の中では暖かい空気が勢いよく上昇(上昇流)しようとしているので、氷の粒は上昇流に負け、地面に落ちることができません。
その間に氷の粒は、周囲の水滴や氷の粒と合体してどんどん大きくなります。そして、やがて上昇流でも支えきれなくなった氷の粒が地面に落下して、雹になるわけです。

5月は地表と上空の温度差が大きく上昇流も強くなりやすいので、氷の粒が雹に成長しやすく、降雹が多くなる、というわけです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル