top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

司馬遼太郎デビュー作『ペルシャの幻術師』漫画版 「週刊文春」で連載スタート

BOOKウォッチ

週刊文春 2021年5月6・13日号(文藝春秋)<amazonで購入>

 『坂の上の雲』などの作品で知られる司馬遼太郎さんのデビュー作『ペルシャの幻術師』のコミカライズ版が、4月28日発売の「週刊文春」5月6・13日合併号(文藝春秋)から連載を開始した。

 『ペルシャの幻術師』は、モンゴル軍が迫るペルシャの町を舞台とした作品。昭和31年に第8回講談倶楽部賞を受賞した。

 あらすじは以下の通り。

十三世紀、世界を席巻したモンゴル軍の猛攻は、ペルシャにまで至った。モンゴル軍団を率いる大鷹汗(シンホルハガン)ボルトルは、ペルシャ高原の町メナムに攻めいる。ボルトルはメナムで美姫・ナンを見初め、自らへの愛を求める。そこに、ボルトルの命を狙う幻術師・アッサムが現れ、ナンを幻惑する――。

 コミカライズは、チベットの僧院を描いた漫画『月と金のシャングリラ』で、文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品に選出された漫画家・蔵西さんが担当する。

画像は『ペルシャの幻術師』の一部(提供:文藝春秋)
画像は『ペルシャの幻術師』の一部(提供:文藝春秋)

 美麗なタッチで描かれた、幻想と愛と滅びの物語。早くも次号が楽しみだ。


※画像提供:文藝春秋

書名:  週刊文春 2021年5月6・13日号 出版社名: 文藝春秋 出版年月日: 2021年4月28日 定価: 480円(税込)

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル